⇒育毛商品の楽天ランキングはこちら
 ⇒年会費永年無料の楽天カード


2011年12月01日

桜の花輪…大学生が五輪招致ロゴ

招致ロゴは「桜の花輪」=大学生の作品を採用―東京五輪招致委
時事通信社


招致活動の象徴は「桜の花輪」―。
2020年東京五輪招致委員会
(会長・石原慎太郎都知事)は
30日、今後の活動で使用する
招致ロゴを発表しました。
オリンピック旗の五つの輪に使われている
赤、青、黄、緑と、東京を表す色
「江戸紫」を組み合わせ、
世界を一つにつなぐ輪をデザインしました。

ロゴは女子美術大学4年の
島峰藍さん(22)の作品です。
美術学校などから公募した中から
審査で選ばれました。
島峰さんは
「花輪には、再び戻る、という意味がある。
五輪が東京で開催され、
日本に活気が戻ってきてほしい」
と思いを語りました。

招致委は、職員が使う名刺や封筒に印刷するなど、
さまざまな場でロゴを活用します。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


復興をテーマにPRすれば、
今回の招致は成功するかもしれません。

ただ、「東京」でオリンピックを
開催する必要性があるのかは、疑問です。
他の都市に譲った方が、経済効果など、
様々な面でメリットがあるような
気がするのですが。
そもそも、東京には、これ以上、
新たな施設を作れる土地がないのでは・・・。

東京新名所・スカイツリーを見るプランはいかがですか?(楽天トラベル)
08:29 | 社会ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
copyright © 2009 朝礼のネタ「アサネタ」〜ニュースな毎日 all rights reserved.