⇒育毛商品の楽天ランキングはこちら
 ⇒年会費永年無料の楽天カード


2012年01月04日

山手線、40年ぶりに新駅を建設

山手線、40年ぶりに新駅…品川―田町間
読売新聞


JR東日本が山手線の品川―田町駅間
(東京都港区)に、約40年ぶりに
新駅を建設することがわかりました。
2013年度に、新駅を含む周辺の
再開発工事の着工を目指します。

山手線の新駅は1971年に完成した
西日暮里駅(荒川区)以来で、30駅目です。
再開発エリアは11年末、
外資系企業の誘致を図る
国の「国際戦略総合特区」に指定され、
新駅は同エリアの利便性を高める要となります。

新駅が予定されているのは、両駅間の
港区港南、芝浦付近で、
品川駅の北側約1キロの地点です。
両駅間は2.2キロと山手線の駅間で最も長いです。
新駅には並走する京浜東北線も停車する計画です。

品川駅は東海道新幹線が停車し、
羽田空港までは京浜急行線で
約15分で結ばれています。
27年にはリニア中央新幹線で
名古屋まで40分で行ける
東京の新たな玄関口となりますが、
新駅は品川駅から所要約2分で、
最も近いJR駅となります。

再開発が計画されているのは、
品川―田町駅間にある車両基地
「田町車両センター」(20ヘクタール)の
跡地約15ヘクタールです。
大規模なオフィス街や商業施設の建設が
予定されています。
国際便が拡大している羽田空港にも近いことから、
今回の再開発エリアは、11年12月に
国の「国際戦略総合特区」に指定されました。
国は特区で働く外国人の入国審査などに関する
規制を緩和、
都は特区内の企業の法人事業税の減免などで、
外資系企業の誘致を図ります。

JR東では、北関東から上野駅が終着駅となっている
宇都宮、常磐、高崎の3路線を東京駅まで延伸し、
東海道線と直通運転する東北縦貫線を
13年度中に完成させる予定で、
その後は東海道線などの車両を止める車両基地が
大幅に縮小されます。
再開発はこの空きスペースを活用します。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


色々衝撃です。
山手線に新駅ができるということもそうですし、
山手線の駅間距離が2.2キロしかないというのも驚きです。
さらには、そこに新駅が割って入るのですから、
品川駅と新駅の距離は1キロ!
ホームから、隣の駅が見えるのではないでしょうか。
ただ、現在、山手線の駅数は29という、
非常に半端な数なので、30駅目ができると、
何かと、色々都合がよくなるような気がします。

19:46 | 社会ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
copyright © 2009 朝礼のネタ「アサネタ」〜ニュースな毎日 all rights reserved.