⇒育毛商品の楽天ランキングはこちら
 ⇒年会費永年無料の楽天カード


2012年02月03日

都の帰宅困難訓練 1万人参加

1万人が“帰宅困難者”訓練 東京都
日本テレビ系(NNN)


東京都は3日、東日本大震災で問題となった
帰宅困難者への対応をふまえ、JR新宿駅などで
1万人が参加しての大規模訓練を行いました。

楽天市場で防災グッズを準備する

3日午前10時、訓練の開始を知らせる「エリアメール」が
東京・新宿区と東京・豊島区のエリアに配信されました。
これは、東京都が行う帰宅困難者対策訓練で
配信されたもので、東京湾北部を震源とする
震度6強の地震が発生したとの想定で、
新宿・東京・池袋のターミナル駅周辺で
訓練が行われました。
新宿駅周辺では、百貨店「伊勢丹」新宿本店で
従業員1500人を客に見立て、
1階への避難誘導が行われました。

また、東日本大震災では「JR東日本」のターミナル駅で
改札内に乗客を入れなかったなどの問題があったことから、
駅の構内に一時待避所を設け、
乗客に水などの備蓄品を配布する訓練も行われました。

3日の訓練では、震災時の情報提供手段を検証するため、
「エリアワンセグ」の他、
簡易投稿サイト「ツイッター」や
世界最大のインターネット交流サイト「フェイスブック」
なども活用して参加者に情報を提供しました。
参加者は提供された情報を基に、
一時待避所に指定された都庁を目指しました。

東京都は、帰宅困難者を増やさないため
企業の施設内に従業員を待機させることや、
3日分の備蓄を用意するなどの
努力義務を求める条例を制定する方針です。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


どういう人達が参加したのでしょうか。
JR等の公共機関としては、
実際の災害時にどう動けばいいのか、
シュミレーションしておく必要がありますが、
一般市民としても、地震に遭ったら、
家に帰れなくなったら、どこへ行けばいいのか、
どうすれば情報を得られるのか、
知っておくべきことはたくさんあります。
いざという時に慌てないためにも、
こういう訓練には、是非参加してみたいものです。

18:27 | 社会ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
copyright © 2009 朝礼のネタ「アサネタ」〜ニュースな毎日 all rights reserved.