⇒育毛商品の楽天ランキングはこちら
 ⇒年会費永年無料の楽天カード


2012年05月09日

世界初 青いユリの開発成功

世界初の「青いユリ」 サントリーと新潟県が開発に成功
産経新聞


サントリーホールディングス(HD)と新潟県は
9日、遺伝子組み換え技術を使い、
「青いユリ」の開発に世界で初めて成功したと
発表しました。
商品化は2018年以降となる見通しです。

青いカーネーションも。楽天市場の母の日特集はこちら

ユリには青色色素「デルフィニジン」を作るために
必要な酵素の遺伝子がないため、
これまで青い花は存在しませんでした。

新潟県はユリの栽培が盛んで、
県農業総合研究所が2006年から、サントリーHD傘下の
サントリービジネスエキスパートと
「青いユリ」の共同研究に着手しました。
ピンク色のユリに、キキョウの一種である
カンパニュラの青色遺伝子を投入し、
デルフィニジンを含む「青いユリ」の開発に成功しました。

サントリーHDはこれまでに
「青いバラ」や「青いカーネーション」を
開発、商品化してきました。
いずれもパンジーなどから、デルフィニジンを
作るために必要な酵素の遺伝子を投入していました。
「青いバラ」の店頭価格は1本2〜3千円、
「青いカーネーション」は1本4〜5百円です。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


科学的には凄いことなのだと思いますが、
大事なのは見た目です。

バラやカーネーションの時も、
これは青じゃない、紫だ、と指摘されていましたが、
今回もそんな色合いですね。
まあ、同じやり方で作っているのだから、
同じ色のものが出来上がるのは当然ですが。

カーネーションは、結構安いのですね。
季節限定で、需要が限られているからでしょうか。

楽天市場で青いカーネーションを探す
copyright © 2009 朝礼のネタ「アサネタ」〜ニュースな毎日 all rights reserved.