⇒育毛商品の楽天ランキングはこちら
 ⇒年会費永年無料の楽天カード


2012年06月14日

4千人「だまされたふり作戦」効果

4千人協力、振り込め「だまされたふり」作戦
読売新聞


振り込め詐欺の被害拡大を防ぐため、
愛知県警が住民と連携して
昨年11月から本格的に始めた
「だまされたふり作戦」が効果を上げています。

協力するのは民生委員ら約4000人で、
県警は今年1〜4月に少なくとも11人を
詐欺未遂容疑などで逮捕し、
犯行グループの21口座を凍結しました。
振り込め詐欺全体の被害件数が減少する中、
一部で多発している手口もあることから、
県警は作戦をさらに充実させて
警戒を強める方針です。

昨年11月15日昼、同県豊田市の60歳代女性の自宅に
「電話が壊れて番号が変わった」と
息子をかたる男から電話がありました。
女性は作戦の協力者です。
翌日にはさらに
「不倫相手との示談金に148万円が必要」
と電話があり、女性はだまされたふりをして
振込先の口座番号などをメモに書き留めました。

連絡を受けた同県警足助署は
指定口座を凍結するよう銀行に要請し、
男の携帯電話も使えなくなるよう手配しました。
県警によると、同作戦の結果、
今年は4月末現在で21口座を凍結し、
市役所の職員などを装って高齢者らに接触してきた
少なくとも11人を逮捕しました。
捜査は続いており、逮捕者はさらに増える見通しです。

県警が「だまされたふり作戦」と名付けた
取り組みを始めたのは2009年です。
昨年11月には住民の防犯意識をより高めるため、
民生委員や少年補導員ら約4000人を協力者に要請し、
作戦を本格化させました。
依頼する際には“だまされたふりマニュアル”
も配布しており、県警は
「全国でもこれほど大規模な作戦は聞いたことがない」
としています。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


騙し合いですね。
4000人というのは、確かに凄い人数ですが、
それでも、詐欺グループが都合よく協力員を
ターゲットに接触してくるかは、
偶然に頼るしかないので、大変だと思います。

でも、人を騙そうとする詐欺グループが、
自分が騙される側に回るというのは、
精神的にも結構ダメージがきついと思うので、
作戦としては、いい着眼点かもしれません。

うちのお父さんは振り込め詐欺の被害に遭ってない?
疎遠にならないように、
楽天市場から父の日ギフトを贈ってみよう!
18:44 | 社会ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
copyright © 2009 朝礼のネタ「アサネタ」〜ニュースな毎日 all rights reserved.