⇒育毛商品の楽天ランキングはこちら
 ⇒年会費永年無料の楽天カード


2012年07月24日

マック 職人配置カフェ開業

マクドナルド、本格カフェ展開へ 割安料金でも高級感演出
産経新聞


日本マクドナルドは23日、東京・JR原宿駅前の
原宿表参道店内に、
専任バリスタがコーヒーを作るカフェコーナー
「マックカフェ バイ バリスタ」を
オープンしました。
割安な料金で新規顧客を呼び込み、
店舗の売上拡大の新しい材料とします。

日本マクドナルド社長が送り続けた101の言葉/原田泳幸

「マックカフェ バイ バリスタ」は
店内でハンバーガーなどを販売する
既存カウンターの隣に新設されました。

「カフェラテ」(Sサイズ230円)や
「キャラメルラテ」(同290円)、
「エスプレッソフラッペ」(Mサイズ290円)など
19種類のドリンクがあり、
コーヒーの専門知識を持つバリスタが
注文を受けてから1杯ずつ作ります。

容器は紙ではなく陶器やガラスを使用することで
高級感を出しました。
コーヒーに合う、「ティラミス」(290円)や
「チーズタルト」(同)など
スイーツ15種類も用意しました。

会見した原田泳幸CEO(最高経営責任者)は
「バーガービジネスの売り上げ増には
新規顧客の獲得と来店頻度の向上が必要。
コーヒーは日本人の摂取頻度が高い」
とカフェ強化の狙いを説明しました。

年内に新店を中心に30店舗で導入し、
平成27年末までに500〜600店舗、
今後5年以内に1000店舗も視野に入れています。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


マックはスタバになろうとしているのか?!
と思うと、何だか違和感がありますが。

マックは、昔は安かったんです。
セットメニューがワンコインで
食べられる時代がありました。
今でも、100円マックという割安メニューを
一部で展開していることもあり、
何となく、マック=安いというイメージが
あるのですが、実際にはそんなことはなくて、
先日発売されたル・グランバーガーなんて、
420円ですよ。
牛丼1杯300円で釣りが来るというご時世に、
ハンバーガー1個が400円超というのは、
どうなんでしょうね。

でも、今のマックは売り上げも好調で、
つまり、世の中に受け入れられている
ということですから、それなら、
本格カフェ化もありなのかもしれません。

30日間マクドナルド生活/マツモトケイジ
08:23 | 経済ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
copyright © 2009 朝礼のネタ「アサネタ」〜ニュースな毎日 all rights reserved.