⇒育毛商品の楽天ランキングはこちら
 ⇒年会費永年無料の楽天カード


2012年08月07日

14日「金星食」各地で観察

また「金」の天体ショー、23年ぶり「金星食」
読売新聞


金星が月の背後に隠れる「金星食」が、
14日未明に観察できます。

5月の「金環日食」、
6月の「金星の太陽面通過」に続き、
「金」の付く天文ショーの当たり年の
最後を締めくくります。

天体望遠鏡 屈折式 望遠鏡 ビクセン ミニポルタ A70lf Vixen 45倍 143倍

国立天文台によると、沖縄の一部を除く
ほぼ全国で見ることができます。
1989年以来23年ぶりの好条件です。
次に日本各地で観測できるのは、
2063年5月になります。

東京では、東北東の方角に見え、
午前2時44分から金星が細い三日月に隠れる
「潜入」が始まり、
同3時29分に金星が再び顔を出す「出現」に転じ、
金星食は終わります。

なお、潜入は、札幌=2:47、福岡=2:41、
出現は、札幌=3:50、福岡=3:27と、
観測場所によって多少の時差が生じます。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


金星は小さいので、
果たして肉眼で見えるのか疑問ですが。
一瞬で「あ、消えた」という感じでしょうか。

オリンピックの期間中に「金」星食と言われると、
また格別な思いがありますね。
金星食当日は、オリンピックは
もう終わっていますが。

天体望遠鏡 屈折式 望遠鏡 ビクセン ミニポルタ A70lf Vixen 45倍 143倍
copyright © 2009 朝礼のネタ「アサネタ」〜ニュースな毎日 all rights reserved.