⇒育毛商品の楽天ランキングはこちら
 ⇒年会費永年無料の楽天カード


2012年08月09日

夏を彩る流星群 10日から見頃

「ペルセウス座流星群」10日夜から見頃に
読売新聞


夏の夜空を彩る「ペルセウス座流星群」が、
10日夜から14日未明にかけて見頃を迎えます。

国立天文台によると、最も見やすいのは
12日午後9時過ぎから13日未明にかけてです。
暗い所なら1時間に30個ほど、
市街地でも数個程度は観察できそうです。
月の出は真夜中過ぎですが、大きく欠けているため、
それほど観察の障害にはなりません。

天体望遠鏡 屈折式 望遠鏡 ビクセン ミニポルタ A70lf Vixen 45倍 143倍

同流星群は、1月のしぶんぎ座流星群、
12月のふたご座流星群と共に
「3大流星群」と呼ばれています。
かつて彗星がちりを残した場所を、
地球が毎年8月に通過するために現れます。
流星が出現する放射点となるペルセウス座は、
真夜中には北東のカシオペヤ座の下方にありますが、
流星自体は空全体を広く見渡した方が
見つかりやすいです。

また、14日未明には、月が金星を隠す「金星食」も、
日本の広い範囲で観察できます。

流星群を眺めた後に金星食を観察するという、
二本立ての天体ショーが楽しめます。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


ペルセウス座流星群は、
毎年この時期に見られるので、
ご存じの方も多いと思います。

オリンピックに加え、金星食、
ペルセウス座流星群と、
まだまだ忙しい夜が続きそうです。

天体望遠鏡 屈折式 望遠鏡 ビクセン ミニポルタ A70lf Vixen 45倍 143倍
copyright © 2009 朝礼のネタ「アサネタ」〜ニュースな毎日 all rights reserved.