⇒育毛商品の楽天ランキングはこちら
 ⇒年会費永年無料の楽天カード


2012年08月31日

東電電力使用93% 今夏最大に

猛暑の30日、東電の電力使用率は93% 今夏最大に
産経新聞


東京電力管内では30日、午後2時台に
使用電力が5087万キロワット、
供給力に占める需要の割合を示す
使用率が93%を記録し、
いずれも今夏最大となりました。
切迫度ではまだ4段階で下から2番目の
「やや厳しい」に留まるため、
東電は「安定供給には問題ない」としていますが、
残暑が厳しいなか、今後も突発的に
需給が切迫する恐れがあります。

エアコン・扇風機 夏家電特集(楽天市場)

管内はこの日、各地で35度を超える猛暑となり、
エアコン使用が急増しました。
「連日の節電疲れ」(関係者)も
需要を増大させました。
富津火力発電所4号系列(千葉県富津市)が
29日にトラブルで発電を停止し、
供給力が落ちたことも影響しています。

これまでの最大値は7月27日午後2時台の
使用電力5038万キロワット、使用率90%でした。

関西など3電力管内では政府の要請で
9月7日(北海道は14日)まで
目標値付きの節電期間が続きます。
大飯原発3、4号機の再稼働で需給は安定していますが、
火力発電の事故が重なり電力不足に陥れば
計画停電が発動される恐れもあります。

東電管内には目標値が設定されていませんが、
使用率が95%以上の「厳しい」になれば
一層の節電を呼びかけます。
さらに需給が厳しくなった場合、
需給調整契約に基づき企業に節電を求めたり、
最悪の場合は昨年の枠組みを使った
計画停電を行う可能性もあります。

東電は「9月に使用電力の最大値が出ることもある」
(広報部)といい、気の抜けない日々が続きます。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


全国的な傾向は分かりませんが、東京に限っては、
暑さのピークはお盆の頃までで、その後は
いかに残暑が厳しいといっても、
気温は落ち着いていくものでした。
それが、一昨年の猛暑あたりから
趣きが変わってきて、むしろお盆を過ぎてからが
暑さの本番という感じがします。
最高気温が35度を越える日が多くなり、
最低気温も一向に下がりません。
9月に諸々の記録が更新される可能性は、
大いに有り得ると思います。

節電疲れというか、この暑さで、
既にエアコンがかなり酷使されているので、
この上さらに、となると、
エアコンが過労死してしまわないか心配です。

まだまだ必要、楽天市場の夏家電特集はこちら
07:12 | 社会ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
copyright © 2009 朝礼のネタ「アサネタ」〜ニュースな毎日 all rights reserved.