⇒育毛商品の楽天ランキングはこちら
 ⇒年会費永年無料の楽天カード


2012年09月14日

ニホンウナギ 準絶滅危惧検討

日本人大好物のニホンウナギ、準絶滅危惧指定か
読売新聞


絶滅の恐れがある野生生物をまとめた
「レッドリスト」の見直しを進めている環境省は、
記録的な不漁が続くニホンウナギを、
初めて準絶滅危惧(存続基盤が弱い種)などに
指定する方針を固めました。

うなぎ蒲焼きカット4枚・きざみうなぎ4食セット

専門家会議が今月までにリスト入りを
決めたのを受けた措置です。
身近な食材で影響が大きいため、
農林水産省は反発しており、
曲折も予想されます。

水産庁によると、ウナギの年間漁獲量は
ピーク時(1961年)に約3400トンでしたが、
ここ5年間は200トン台に低迷しています。
養殖用に捕獲する稚魚(シラスウナギ)も
最盛期の1963年には約230トンでしたが、
最近は10トンを割る年も増え、
成魚、稚魚とも漁獲量は50年前の5%前後まで
激減しました。

生態に謎が多いため詳しい原因は不明ですが、
過剰漁獲のほか、河川開発による生息地の減少、
気候変動による海流変化などが指摘されています。

人工養殖する技術は実用段階になく、
現在流通するウナギは
養殖を含めて天然由来のため、
環境省は絶滅の恐れがあると判断しました。
他の希少種に比べれば生息数が多いことなどから、
今秋にも公表する改訂版レッドリストでは、
危険度が比較的低い準絶滅危惧か、絶滅危惧2類
に指定する方向で調整しています。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


今年の土用の丑の日の直前に、
アメリカがワシントン条約で
ウナギに規制をかけようとしているとして、
大騒ぎになりましたが、
日本自ら「それ」をやってしまう
ということですか?

自然保護は重要ですが、
いよいようなぎが食べられなくなる
かもしれませんね。
元々高級食材だったのに。

モンドセレクション3年連続金賞!きざみうなぎとカットタイプのセット
10:23 | 社会ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
copyright © 2009 朝礼のネタ「アサネタ」〜ニュースな毎日 all rights reserved.