⇒育毛商品の楽天ランキングはこちら
 ⇒年会費永年無料の楽天カード


2012年09月21日

116年ぶり 秋分の日なぜ22日?

116年ぶりに訪れる「9月22日の秋分の日」 なぜ秋分の日は年によってかわるのか
科学雑誌Newton


2012年9月22日は「秋分の日」です。
例年、秋分の日は9月23日でした。
9月22日が秋分の日となるのは
1896年以来116年ぶりです。
ちなみに、秋分の日が9月23日でなくなるのは
1979年9月24日以来33年ぶりです。

2013年カレンダー予約(楽天ブックス)

国民の祝日に関する法律によると、
秋分の日とは太陽が「秋分点」を通過する日のこと
と定められています。
秋分点とは、黄道を動いていく太陽が
地球の赤道の真上、つまり天の赤道を横切る瞬間の
位置のことです。
国立天文台は、地球の自転の遅れなども考慮しつつ、
この秋分点を通過する時刻を計算し、決定しています。

秋分の日の日付がかわるのは、
太陽のまわりを地球が一周する「公転周期」が、
地球の自転周期(1日)の整数倍になっていないためです。
地球の公転周期は約365.2422日(約365日5時間49分)です。
つまり、太陽が秋分点を通過する時刻は、
毎年約5時間49分ずつ遅れていきます。
ただし、公転周期は月や惑星などの影響によって
変わるため、前年の秋分点の通過日時に
5時間49分を足した値と、実際の秋分点の通過日時は
若干食い違うこともあります。

国立天文台が毎年発表している「暦要項」によると、
2006年の秋分点通過日時は9月23日13時3分で、
2007年は9月23日18時51分でした。
確かに約5時間49分ずれています。
このままだと、2008年の秋分点通過時刻は
9月24日に突入してしまいます。
しかし2008年はうるう年であるため、丸一日巻き戻され、
その結果、2008年の秋分点通過日時は9月24日ではなく
9月23日の0時45分となりました。
このように、これまでは通常、
4年間でたまった約1日分のずれが、
うるう年によって解消されていました。

それでは2012年はどうなるのでしょうか。
2011年の秋分点通過日時は9月23日18時5分でした。
18時5分に5時間49分を足すと23時54分となり、
9月24日にずれこみませんが、2012年はうるう年なので、
秋分点の通過日は9月22日となります。
なお、実際の秋分点通過日時は9月22日23時49分と
予想されています。

国立天文台によると、今世紀中は、
今後秋分の日が9月22日になる年も多くなるといいます。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


今年は春分の日もずれていました。

手帳には、翌年のカレンダーも載っていることが多く、
その場合、「春分の日・秋分の日は前年に
発表されるので変更になる場合がある」
旨の注釈がついています。
今年は、とうとう「その時」がきたということですか。

そろそろ、来年用の手帳とカレンダーを
調達しなければいけない時期ですね。

楽天ブックスの2013年カレンダー特集はこちら
copyright © 2009 朝礼のネタ「アサネタ」〜ニュースな毎日 all rights reserved.