⇒育毛商品の楽天ランキングはこちら
 ⇒年会費永年無料の楽天カード


2012年09月24日

脱走ペンギン「トット」命名

脱走ペンギン、「トット」と命名 須坂市動物園
毎日新聞 9月23日(日)18時38分配信

長野県の須坂市動物園は
23日、8月に3度の脱走を繰り返して話題となった
フンボルトペンギンのヒナ

(生後約4カ月、性別不明)を
「トット」と命名しました。

笛入りフンボルトペンギンベビータマゴの殻付き

「名前を付けたい」との要望が相次ぎ
同園が公募しました。
「ダッシュ」「ルパン」「パピヨン」など、
脱走にちなむ1650通の応募があり、
「『とっとと逃げる』子供らしい姿を表している」
として選ばれました。

園では飼育舎周辺に高さ約1メートルの
透明な板を張って脱走を防止しています。
最近は逃げるそぶりも見せなくなったといいます。
マイペースな性格で、飼育舎の壁のそばに
1羽でいることも多く、飼育員は
「窓ぎわならぬ『壁ぎわのトットちゃん』かも」
といいます。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


ペンギンさんは脱走するとその栄誉をたたえ、
名前が贈られます。
というわけではありませんが(笑)、
葛西臨海水族園の例がありますので、
こちらもやっぱりという感じです。

「トット」なら、オスメスどちらでも
違和感がなさそうです。
が、ペンギンの赤ちゃんの性別って、
調べられないものなのでしょうか。

フンボルトペンギンピアス
07:57 | 社会ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
copyright © 2009 朝礼のネタ「アサネタ」〜ニュースな毎日 all rights reserved.