⇒育毛商品の楽天ランキングはこちら
 ⇒年会費永年無料の楽天カード


2012年10月26日

東京メトロご当地発車メロディー

銀座線銀座駅、発車合図「銀座カンカン娘」に−東京メトロが初導入 /東京
経済新聞


東京メトロ(台東区)は10月31日の始発より、
銀座線銀座駅の発車合図を、
銀座を舞台にした映画「銀座カンカン娘」の
主題歌に変更します。

東京メトロ副都心線 駅発車メロディー&駅ホーム自動放送

駅の立地先にゆかりのあるメロディーを
電車の発車合図や接近合図に採用する
「ご当地メロディー」は、
JR山手線高田馬場駅の「鉄腕アトム」や、
JR京浜東北線蒲田駅の「蒲田行進曲」
などが広く知られ、
曲を通して駅や地域をアピールする
効果があるとされています。

東京メトロではこれまで、
丸ノ内線、有楽町線(一部の駅を除く)、
南北線、副都心線の駅で
オリジナルメロディーを採用してきました。
これが駅の利用客から
高評価だったことを受け、今回初めて、
ご当地メロディーの導入を決めました。

導入先は、東京メトロ銀座線の
浅草・上野・銀座・溜池山王の4駅です。
乗降客数の多い駅が中心で、
各駅での利用客の反応を踏まえて
今後他の駅への導入も検討します。

銀座駅では、1949(昭和24)年公開の
東宝配給映画「銀座カンカン娘」より、
同題主題歌の一部を
メロディーとして採用します。
高峰秀子さんが歌う主題歌
「銀座カンカン娘」は
アップテンポなリズムが特徴で、
服部良一さんが作曲、
佐伯孝夫さんが作詞を手掛けました。
渋谷方面に向かう1番線では
「これが銀座のカンカン娘」の
歌詞の部分のメロディーを、
浅草方面に向かう2番線では
「あの娘(こ)可愛やカンカン娘」の
歌詞の部分のメロディーを、
それぞれ7秒に編曲したものを流します。

浅草駅では墨田川が登場する
滝廉太郎作曲「花」を、
上野駅では上野公園の桜にちなんで
森山直太朗さん作曲の「さくら(独唱)」を、
溜池山王駅では同駅周辺の
ビジネス街をイメージしたオリジナル曲を
それぞれ採用します。
全て、1番線と2番線では
流れるフレーズが異なります。
浅草駅と上野駅では10月30日の始発から、
銀座駅と溜池山王駅では31日の始発から
導入されます。

銀座駅の昨年の1日平均乗降人員は
24万1513人です。
東京メトロ広報部広報課の担当者は
「銀座線のメロディーを聞いて、
地域の雰囲気を感じて駅や路線に
愛着やなじみを感じてもらえれば」
と話しています。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


オリジナル曲よりも、
なじみのある曲の方が
親近感がわきます。
もっと広まってもいいと思います。

JR高田馬場駅の「鉄腕アトム」は有名ですが、
実は、同じく高田馬場駅の
西武新宿線のホームでは、
10月1日から「マルコメ」のCMソングが
採用されていると聞いて、驚いています。

東京メトロ丸ノ内線 駅発車メロディ+自動アナウンス他
19:17 | 社会ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
copyright © 2009 朝礼のネタ「アサネタ」〜ニュースな毎日 all rights reserved.