⇒育毛商品の楽天ランキングはこちら
 ⇒年会費永年無料の楽天カード


2013年01月15日

気象庁の予報外れ…都心の積雪で

都心の積雪可能性小さい…予報が外れた理由は
読売新聞


気象庁は14日未明の天気予報で、都心の積雪について
「可能性は小さい」としていました。

しかし、見込みは外れ、
東京、横浜では、今シーズンの初雪を観測しました。
気象庁は14日午前に、
都心で大雪注意報を発表しました。

寒さ対策(楽天市場)

14日の都心の気温は、午前5時に6.2度でした。
気象庁は14日の日中の最高気温を
6度と予想していましたが、その後、
気温はどんどん下がり、午前11時には2.3度、
正午には0.8度となりました。
気象庁は午前10時41分に、
東京23区に大雪注意報を出しました。

今回、大雪をもたらした低気圧は、
雨になるのか雪になるのかを
最終的に見極めるのが難しいとされる
「南岸低気圧」でした。

今回は、内陸の寒気が予想以上に沿岸に流入して、
気温が下がったために雪になったとしていますが、
気温が3〜4度なら雨、1度弱なら雪となる
微妙な状況でした。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


予報が外れたからといって、
気象庁を責める気はありませんが。
もともと、雪が降る、それも大雪になるかもしれない
という予報は出ていましたし。

ただ、知り合いが、雪の影響を心配して
早めに家を出たのに、移動中に、
仕事が中止になったと連絡があり、
「もっと早く言え!」とブチ切れていまして。
凄く、物凄く気の毒な話ですが、
とりあえず落ち着いて下さい・・・。

夏に「爆弾低気圧」が話題になりましたが、
今回の雪も、爆弾低気圧が原因でした。
風も強く、台風並みの暴風が吹き荒れたそうです。
爆弾低気圧って、夏だけの現象じゃないんですね。

楽天市場の寒さ対策、あったか特集はこちら
タグ:大雪
copyright © 2009 朝礼のネタ「アサネタ」〜ニュースな毎日 all rights reserved.