⇒育毛商品の楽天ランキングはこちら
 ⇒年会費永年無料の楽天カード


2013年02月28日

AMラジオ局がFM化検討で聞きにくさ解消へ

文化放送、TBSラジオ、ニッポン放送などの
AMラジオ局が、FMラジオへの移行を検討しています。
高層ビルが電波を遮るなどして
聞こえにくいことなどから、AMの経営環境が悪化しており、
低コストで聞きにくさを解消し、生き残りを目指します。
政府も、災害時に強いラジオを重要視し、
FM化を後押しする方針です。

ソーラー&手回しラジオ付きLED懐中電灯

関係者によると、在京局のほか、
関西や地方にも移行を検討しているAM局があり、
早ければ数年後の移行を目指します。
FMは、障害物の少ない高い場所から電波を送るため、
聞こえやすく音質も良いです。
当面はAMも残し、FMと同じ放送を流す見通しです。
AM局の半数は、2020年度までに
老朽化した送信所の更新時期を迎るためえ、
設備投資額を抑えられるFM移行を目指す局が
増える可能性があります。

FM移行には、テレビのデジタル化で空いた
「V-Low」と呼ばれる電波帯を活用することが
検討されています。
東日本大震災でラジオが見直され、
聞きやすく多様な情報を届けられる
デジタルラジオを立ち上げて、
災害対策に役立てる構想です。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


AMとFMの違いは何かと聞かれたら、答えられません(笑)。
言われてみれば、FMの方が雑音が少ないような気はします。

最近では、インターネットで音声を配信する
「インターネットラジオ」も多いです。
それを「ラジオ」と呼んでいいのかは疑問ですが、
雑音問題もなく、好きな時間に聞けるので、
これでは、ラジオが廃れていくのも仕方のないことです。

アンテナにコードを巻きつけるとよく聞こえるとか、
外の方が電波状況がいいので、寒空の下、
ベランダでラジオを抱えて番組を聞いていた、
などといった逸話も、今は昔の話となりました。

ソーラー&手回しラジオ付きLED懐中電灯
タグ:AMラジオ
19:37 | 社会ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
copyright © 2009 朝礼のネタ「アサネタ」〜ニュースな毎日 all rights reserved.