⇒育毛商品の楽天ランキングはこちら
 ⇒年会費永年無料の楽天カード


2013年08月06日

アトピー発症のメカニズム解明

アトピー性皮膚炎の発症に
重要な役割を果たすたんぱく質が
見つかりました。
このたんぱく質が増加すると、
かゆみや皮膚の炎症を引き起こします。

兵庫医科大と三重大の
共同研究グループが発表しました。
論文は、5日付の米科学
アカデミー紀要電子版に掲載されました。

新しい治療薬の開発につながると
期待されています。

ホープスリリーフクリーム〜湿疹・アトピー性皮膚炎のかゆみ対策に無添加保湿ケアクリーム

「インターロイキン33(IL-33)」
というたんぱく質は、
皮膚表面の細胞内に存在します。
IL-33は、かきむしったり、
花粉やダニなどで刺激が与えられると、
細胞から出て白血球などと結合し、
アレルギーを引き起こします。
アトピー性皮膚炎の患者には、
IL-33が多いことが分かっていますが、
発症との関係は不明でした。

研究グループは、遺伝子を操作し、
IL-33の量が、通常の約10倍の
マウスを作製しました。
すると、生後6〜8週で、全てのマウスに、
顔や手、しっぽなどに、
かゆみを伴い皮膚が厚くなる
アトピー性皮膚炎の症状が出ました。

これらのマウスは、かゆみの元になる
ヒスタミンを分泌する肥満細胞が、
通常の約3倍に増加し、
特殊な自然リンパ球も増え、
炎症性たんぱく質IL-5を作り出していました。

日本人の少なくとも約20%は
アトピー性皮膚炎の患者と言われていますが、
対症療法しかありません。
IL-33などを標的にした薬の開発が期待されます。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


IL-33が、アトピーの原因物資だということが
分かった、ということでいいでしょうか。

かゆくなるたびに、ただ薬をつけるだけ
というのは、本当に辛いことです。
根治できることを願います。

ホープスリリーフクリーム〜湿疹・アトピー性皮膚炎のかゆみ対策に無添加保湿ケアクリーム
タグ:アトピー
copyright © 2009 朝礼のネタ「アサネタ」〜ニュースな毎日 all rights reserved.