⇒育毛商品の楽天ランキングはこちら
 ⇒年会費永年無料の楽天カード


2013年08月08日

今年のペルセウス座流星群は最高の条件

毎年8月に見られる「ペルセウス座流星群」は、
今年は、8月13日の明け方に、
観察に適した条件がそろいます。
国立天文台によると、
今年は最高の条件で観測できる年
だといいます。

月刊星ナビ2013年9月号(特集:最高のペルセ群)

ペルセウス座流星群は、
1月の「しぶんぎ座流星群」、
12月の「ふたご座流星群」と並んで、
「三大流星群」の一つに数えられています。
ペルセウス座の方角から、
流れ星が放射状にたくさん降ってくるため、
そう呼ばれています。

毎年、容易に観測できる
ペルセウス座流星群ですが、
今年は8月13日の明け方前午前3時ごろに、
流星群の活動が最も活発になります。
この時、流星がやってくの降る角度が
高いため観察しやすく、
また、月は真夜中前に沈むので、
月明かりが邪魔になることもありません。
周囲に電灯などがなければ、
1時間に50個以上の流星が見られそうです。

天体望遠鏡などは不要で、肉眼で観察できます。
どの方向から流れてくるかはあまり気にせず、
広く空を見渡しているほうが、
より多くの流星が見える可能性が高くなります。

また、13日以外でも観察できます。
8月7日ごろから15日ごろまでは、
活動が活発で、流星が見られます。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


今年もこの季節がやってきました。
寒さ対策の必要ない、
恐らく唯一の流星群なので、
今年は絶対見ようと思います。

【DVD】天文ショー
copyright © 2009 朝礼のネタ「アサネタ」〜ニュースな毎日 all rights reserved.