⇒育毛商品の楽天ランキングはこちら
 ⇒年会費永年無料の楽天カード


2013年08月08日

気象庁が緊急地震速報で誤報

気象庁は、8日午後4時56分、
奈良県と大阪府で、
最大震度6弱から7程度の
揺れが起きるとの
緊急地震速報を発表しました。
しかし、予測した地震は起きず、
誤報と判明しました。

防災グッズ特集(楽天市場)

気象庁によると、8日午後4時56分ごろ、
和歌山県北部を震源とする
地震がありました。
地震の規模を示すマグニチュードは
2.3と推定され、
震度1以上の揺れはありませんでした。

しかし、その18.5秒後、三重県沖の海底に
設置された地震計で、
信号が途切れるトラブルが発生しました。
このため、実際には地震が起きて
いないにも関わらず、地面が1センチ動く
揺れがあったと判定されました。

気象庁のシステムは、
この二つの情報に基づき、
奈良県を震源とするマグニチュード7.8の
地震が起きたと誤認し、
緊急地震速報を出しました。

問題の地震計は8日午前3時ごろから数回と、
午後4時43分ごろから10回程度、
信号の途切れる不具合が続いていました。
信号の途切れだけでは
地震発生と判定されませんが、
和歌山県の地震が偶然重なったことで、
誤報につながりました。

緊急地震速報の誤報は、
2007年の運用開始以来33回目で、
今回は、34都府県が対象となり、
誤報を出した範囲としては、
過去最大規模です。

記者会見した気象庁の
橋田俊彦地震火山部長は
「交通機関や多くの人に大変な迷惑を掛け、
おわび申し上げる」と謝罪しました。

気象庁は、信号の不具合を
的確に把握する仕組みを作るなど、
システムの改善を急いでいます。

なお、緊急地震速報を受け、
JR東海は小田原―新大阪間で、
JR西日本は新大阪―新岩国間で、
それぞれ新幹線の運行を
一時停止しましたが、
午後5時15分までに、
全線で運転を再開しました。

また、検索ポータルサイト
「Yahoo! JAPAN」のトップページが、
一時、アクセスしづらい状態になりました。
東日本大震災発生時を超える
高負荷がかかったとされます。
緊急地震速報によって情報が錯綜し、
地震発生時に地震速報を掲載する
Yahoo! JAPANにアクセスが
集中したとみられます。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


私の携帯にも、地震速報が入りました。
でも、東京なので、「奈良で地震」
と言われても、「あ、そう。だから?」
という感じで、いまいちピンときませんでした。
普通なら、そんな遠い場所の地震情報は
通知されませんし。

新幹線まで止めるとは、
本当に迷惑な話ですが、
正直、誤報でよかったと思います。
本当に震度7の地震が発生したら、
こんな騒ぎでは済みません。

地震波を秒単位で計測するシステムなので、
誤差やミスが出るのはしかたがありません。
本当に、よくやっているなあと
感心するほどです。

楽天市場で防災グッズを見てみる
copyright © 2009 朝礼のネタ「アサネタ」〜ニュースな毎日 all rights reserved.