⇒育毛商品の楽天ランキングはこちら
 ⇒年会費永年無料の楽天カード


2013年09月17日

アトピーを改善する化合物を発見

アトピー性皮膚炎のマウスの
症状を改善する化合物を、
京都大医学研究科の
椛島健治准教授や大塚篤司研究員、
アステラス製薬などのグループが
発見しました。

内服することで、
皮膚が備える防護機能を高め、
副作用もみられないといいます。
米学会誌で17日に発表します。

アトピー肌にもやさしいガーゼケット

アトピー性皮膚炎は、
皮膚の防護機能に異常が生じて
異物が侵入しやすくなり、
アレルギー反応が起こることで
生じます。
現在治療に使われているステロイド剤は、
アレルギー反応を抑えますが、
副作用が生じることもありました。

グループは、防護機能の維持を担う
タンパク質「フィラグリン」が、
多くの患者で少なくなっていることに
注目しました。
人の皮膚細胞を使った実験で、
フィラグリンの合成量を増やす
有機化合物を見つけました。
アトピー性皮膚炎のマウスに
この化合物を飲ませたところ、
6週間後に症状が大幅に改善し、
副作用も確認されませんでした。

椛島准教授は、
アトピー性皮膚炎の治療では、
アレルギー反応という『火』を消すよりも、
まず『火』を起こさないことが大切で、
今回見つけた化合物は、
火を防ぐ働きがあるとしています。
10年後をめどに、治療薬として
実用化したいと話しています。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


私も子供の頃、アトピーを患っていました。
ステロイド(塗り薬)のお世話にも
なりました。
使いながらも、副作用がこわかったです。
良い薬が早く実用化されてくれることを
願います。

最高級カタツムリクリーム90.9%エスカルゴアンプルクリーム
copyright © 2009 朝礼のネタ「アサネタ」〜ニュースな毎日 all rights reserved.