⇒育毛商品の楽天ランキングはこちら
 ⇒年会費永年無料の楽天カード


2013年09月21日

65歳は高齢者ではない?

日本老年医学会と日本老年学会が、
高齢者の定義について
検証を始めました。
一般的には65歳以上が
高齢者とされますが、
身体能力からは75歳以上
とする考え方もあり、
再検討します。

年金や医療制度などの設計にも
影響しかねないため、
慎重に議論します。

楽天市場の介護お助けガイド

総務省の人口推計では、
65〜74歳を前期高齢者、
75歳以上を後期高齢者とし、
高齢化率は65歳以上の割合を
示します。
国際比較できるよう、
国連などで定められています。

一方、近年、身体能力の高い
高齢者が増え、前期高齢者は、
高齢者と呼べないのではないか
という指摘も出ています。

このため、老年医学会などは、
専門家15人による検討会を設け、
高齢者の再定義ができないか、
検討を始めました。
1年ほどかけて見解をまとめます。

ただし、社会的、政策的に
インパクトが大きいとの意見もあり、
定義変更の長所、短所も含めて
議論します。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


確かに、最近は、元気で健康な
お年寄りが多いです。

ただ、そもそも「高齢者」とは
何なのかという点から問題に
しないといけないのではないでしょうか。
日本語的には、純粋に「年齢が高い人」
という意味ですが、実際には、
病気だったり、身体能力が著しく衰えたり、
生活に支障をきたす状態の人を
「高齢者」といっているような気がします。
医療などの支援を必要とする人、
という意味では、確かにそうなのですが、
「高齢者」の再定義は、
企業の定年や、年金受給開始年齢
引き上げの言い訳に利用するのが
目的ではないかという思惑が
見え隠れしているように感じます。

楽天市場の介護お助けガイド
タグ:高齢者
08:49 | 社会ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
copyright © 2009 朝礼のネタ「アサネタ」〜ニュースな毎日 all rights reserved.