⇒育毛商品の楽天ランキングはこちら
 ⇒年会費永年無料の楽天カード


2013年10月11日

東京都心で観測史上最も遅い真夏日

東京は11日、気温が30度を超え、
最も遅い真夏日の記録を
98年ぶりに更新しました。

楽天市場の秋冬ビジネスファッション特集

日本海の低気圧や前線に向かって、
南風が流れ込んでいる影響で、
11日も、東日本・西日本で
気温の高い状態が続いています。

東京都心では、午後1時17分に
最高気温30.2度を記録し、
観測を開始した1875(明治8)年以降、
最も遅い真夏日となりました。
なお、これまで最も遅かった
東京都心の真夏日は、
1915(大正4)年10月9日で、
98年ぶりに記録を塗り替えました。

他にも、関西を中心に、
全国88地点で30度を超えました。
全国で一番暑かったのは、
三重県亀山市の32.7度で、
10月の記録を更新しました。

また、大阪市でも正午過ぎに
気温が30度を超え、
10月の真夏日が5日となりました。
10月の真夏日としては、
1920年以降最も多い記録となっています。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


かつて「体育の日」だった10月10日は、
晴れの特異日で、というより、
晴れの特異日にオリンピックの
開会式を設定し、
それが体育の日になったわけですが、
晴れれば当然、暑くなることも多いです。
しかし、98年前の記録も、今日も、
10月10日を1日外しているという不思議。

明日の午後からは北風が吹いて
気温が急降下するというのですが、
怪しいものです。
台風もありますし、
そんなにすぐに気温が下がるとも
思えませんが。

ただ、11月には急激に冷え込み、
今年の冬は寒さが厳しくなるという話は、
どうやら信憑性がありそうなので、
衣替えの準備は、早めに済ませて
おいた方がいいかもしれません。
いや、現時点で既に十分出遅れています。

ダウンジャケットカタログ(楽天市場)
タグ:真夏日
22:59 | 社会ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
copyright © 2009 朝礼のネタ「アサネタ」〜ニュースな毎日 all rights reserved.