⇒育毛商品の楽天ランキングはこちら
 ⇒年会費永年無料の楽天カード


2014年02月06日

発症歴のない男性が鳥インフルエンザの抗体を保持

国内では発症例がない、毒性の強い
鳥インフルエンザ(H5N1型)の抗体を、
愛知県に住む日本人男性(66)が
持っていることが分かりました。
男性は、鳥インフルエンザを
発症したことはありません。

楽天市場のウイルス対策特集はこちら

藤田保健衛生大(同県豊明市)の
黒沢良和学長らの研究グループが
6日に発表しました。
論文は、米科学誌プロスワンに
掲載されました。

男性は過去に、型が異なる
3種類のインフルエンザウイルスに
感染しています。
黒沢学長は、うち2種類のウイルスは
H5N1型と形がよく似ており、
何度か発病する過程で、
結果的に免疫力が付いた
可能性があると分析しています。

さまざまな型があるインフルエンザ
全てに抵抗できる『万能抗体』を作る
ワクチンの作製が期待できるかもしれない
としています。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


万能抗体ができるとしたら、
凄いことですが、
一体どういう経緯で、
この抗体が発見されたのかが気になります。

ちなみに、2月4日現在で79人が死亡している
中国の鳥インフルエンザはH7N9型、
同じく中国で2人が感染し、
そのうち1人が死亡した
新型の鳥インフルエンザはH10N8型です。
今回、抗体の見つかったH5N1型は、
2003年に大流行したもので、
型は違いますが、H10N8型はH5N1型と同じ
病原体から発生したことが分かっています。

インフルエンザは、亜種が多いうえに、
型が違うとワクチンも効果がありません。
本当に、万能抗体がほしいものです。

楽天市場のウイルス対策特集はこちら
copyright © 2009 朝礼のネタ「アサネタ」〜ニュースな毎日 all rights reserved.