⇒育毛商品の楽天ランキングはこちら
 ⇒年会費永年無料の楽天カード


2014年02月14日

鳥羽水族館の絶食ダイオウグソクムシ死亡

鳥羽水族館(鳥羽市鳥羽)で
飼育され、絶食記録を
更新し続けていた謎の深海生物
ダイオウグソクムシNo.1が、
2月14日、絶食日数5年43日(1869日)、
生存日数6年158日(2350日)
の記録を残して死亡しました。

ダイオウグソクムシ(特大サイズ)

No.1は2007年9月9日に入館しました。
2009年1月2日に約50グラムの
アジ1匹を食べて以来絶食を続け、
飼育員を困らせていました。

この日は今年2回目のエサやりの予定で、
マスコミ各社の取材を受ける
準備をしていましたが、17時ごろ、
エサを水槽に入れても
全く反応しなかったため、
取り上げたところ、
死んでいることが確認されました。

今後、死因などについて
調査・研究を行う予定です。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


そうですか。ついに・・・。

1月25日には、正月のえさやりで
唯一えさを食べたNo.17が
死亡しています。
あとを追うかのようで、
何だか切ないです。

ただ、本当に死んだのでしょうか。
仮死状態で"冬眠"している
などという可能性も、
なくはありません。
以前、死んだと思って貝を解剖したら、
実は生きていたという話もあった
気がします。

何故、何も食べずに5年も
生き続けられたのか、
しかも、何も食べていないのに
体重は増えていたなど、
さすがは深海生物だけに、
その生態は謎だらけです。
No.1の命が、ダイオウグソクムシの
研究に役立ってくれることを願います。

iPhone5s/iPhone5ケース ダイオウグソクムシシリコンケース
copyright © 2009 朝礼のネタ「アサネタ」〜ニュースな毎日 all rights reserved.