⇒育毛商品の楽天ランキングはこちら
 ⇒年会費永年無料の楽天カード


2014年04月30日

ネット1万3000口座を警視庁が停止要請

インターネットバンキングの
不正送金事件について、
警視庁は30日、全国の16の金融機関で
IDやパスワードを盗まれた口座が
約1万3000件あるとして、
当該口座でのネットバンキングを
停止するよう、
各金融機関に要請しました。
対象は、三菱東京UFJ銀行などの
3大メガバンクや、
ゆうちょ銀行、楽天銀行などです。
うち250口座で、別口座に預金が移される
不正送金被害が確認され、
不正アクセス禁止法違反容疑で
捜査しています。

ウイルスバスタークラウド1年版

警視庁サイバー犯罪対策課によると、
警察が個別の事件捜査の過程で
金融機関に口座の利用停止を求めることは
日常的に行われていますが、
これほど多くの口座について、
一度に要請するのは初めてです。

昨年10月、警視庁がサイバー犯罪に関する
協定を結んでいる情報セキュリティー会社
「トレンドマイクロ」から、
不正送金に使用された疑いのある
サーバーが国内にあるとの情報提供を受け、
同課が解析していました。
その結果、改ざんされた企業や省庁の
ホームページなどにアクセスしたために
パソコンがウイルス感染し、
IDなどが盗まれる被害が、
約1万3000件の口座で確認されました。

警察庁によると、2013年の
インターネットバンキングの
不正送金被害は1315件、
被害総額は約14億円に上り、
統計のある11年以降で最悪を記録しました。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


インターネットバンキングは便利ですが、
便利さにはリスクが伴うことも、
認識しておかなければなりません。

といっても、いきなり口座を凍結されて、
ネットバンキングが使えなくなったら、
本当にお手上げです。
それ以前に、不正送金されて
自分の口座の残金がカラになっていたら、
もっと困る・・・どころの
問題ではありませんが。

ウイルスバスタークラウド1年版
copyright © 2009 朝礼のネタ「アサネタ」〜ニュースな毎日 all rights reserved.