⇒育毛商品の楽天ランキングはこちら
 ⇒年会費永年無料の楽天カード


2014年05月02日

IE使用停止で起こった職場の混乱

米マイクロソフト社(MS)のウェブブラウザ
「インターネット・エクスプローラー(IE)」
に深刻な脆弱性が見つかった問題で、
企業の業務にIEを使用できなくなり、
その対応をめぐって、
一部で混乱が起こりました。

パソコンに詳しくない上司に
「IE」という言葉の意味が通じず、
ブラウザの仕組みの説明から
始めなければならない、
などといった現象も見受けられました。

ウイルスバスタークラウド1年版

米政府の国土安全保障省は、4月28日、
ハッカーの攻撃を受ける
可能性があるとして、
IEの使用停止を求めました。

細工が施されたウェブサイトに
アクセスするだけでウイルスに感染し、
個人情報を抜き取られたり、
パソコンを乗っ取られたりする
可能性があり、
バージョン6から最新の11まで、
すべてのバージョンが
対象となりました。
MSからセキュリティパッチは
出されておらず、
MSは当面の回避策を公開しました。
しかし、MSが修正プログラムを
配布するまでは、IEを使わない方がよい、
他のブラウザを使用するように、
というのが米政府の見解でした。

しかし、ニュースで見ただけでは、
どうすれば良いかわからない人も
少なくなかったのが現状です。

職場では、パソコンに詳しくない
人たちの間で、
「テレビでインターネットは
危険だって言ってた。
グーグルは安心だって言ってたから
ヤフーじゃなくてグーグル使います」
「インターネットエクスプローラー
って何? ヤフーと違うの?」
などの会話が飛び交いました。

IEを立ち上げると、最初に開くページが
Yahoo!に初期設定されているため、
閲覧ソフトのブラウザと検索エンジンを
混同するケースが多かったようです。
webブラウザやIEといった単語が
通じない、理解できていないといいます。

また、IEの使用が危険だからと、
インターネットの使用を禁止する企業も
ありました。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


MSが修正プログラムを配布したので、
騒動は沈静化すると思いますが、
今回の問題は、「何が問題なのか
分からない」ことだったのでは
ないでしょうか。

「ブラウザって何?」
これを何も知らない素人に
正確に説明することが
どれほど難しいか、
思い知らされました。

また、Google ChromeやFirefoxなどの
代替ブラウザに関しても、
IEとはかなり操作性が違うので、
普段から使い慣れていないと、
いきなり立ち上げたところで、
最初からスムーズに使いこなせる人は
少ないのではないでしょうか。

MSが数日のうちに対応したこと、
修正プログラムはWindows Update
対応なので、放っておいても
勝手にインストールされ、
対応のためにユーザーがパソコンを
操作する必要は一切ないことを
考えると、素人の対応としては、
「何だかよく分からないけど
こわいから、しばらくインターネット
見ないでおとなしくしておこう」
と、何もしないで放置した人が
勝ち組だったような気がします。

ただ、これからも似たようなことは
起こると思うので、
Google ChromeとFirefoxの使い方は
マスターしておいた方が身のためです。

ウイルスバスタークラウド1年版
copyright © 2009 朝礼のネタ「アサネタ」〜ニュースな毎日 all rights reserved.