⇒育毛商品の楽天ランキングはこちら
 ⇒年会費永年無料の楽天カード


2014年06月25日

日本、コロンビアに敗れGL敗退決定

サッカーワールドカップの
日本代表は24日(日本時間25日)、
グループリーグ(GL)最終戦で
コロンビア代表と対戦し、
1-4で敗れました。

日本はグループリーグ3試合で
1分2敗の勝ち点1となり、
C組最下位での敗退となりました。

日本代表2014オフィシャルタオルマフラー

日本は19日のギリシャ戦から
先発2人を変更しました。
FW大迫勇也、MF山口蛍が
ベンチスタートとなり、
FW香川真司が2試合ぶりに先発復帰、
FW大久保嘉人が1トップで先発し、
ボランチではMF青山敏弘が
W杯初出場初先発となりました。

すでに決勝トーナメント進出を
決めているコロンビアは、
過去2試合から先発8人を入れ替え、
システムも4-2-3-1から4-3-3に
変更しました。

試合は、前半17分に、PKで
日本がコロンビアに先制を許し、
前半アディショナルタイムに
FW岡崎慎司のダイビングヘッドで
同点に追いつくも、
後半10分に勝ち越され、
同37分、44分にも失点を重ねました。

コロンビアは後半40分、
43歳のGKファリド・モンドラゴン
を投入しました。
史上最年長出場記録を塗り替える
大ベテランの登場に、
スタジアムからは大歓声が
沸き起こりました。

なお、日本対コロンビア戦と
同時刻にキックオフとなった
ギリシャ対コートジボワール戦は、
ギリシャが2-1でコートジボワールを下し、
C組2位で、初の決勝トーナメント進出を
決めています。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


なんと、8年前と同じ展開になりました。

8年前は、オーストラリアに1-3で負け、
クロアチアと1-1で引き分け、
ブラジルに1-4で負けました。
今回は、コートジボワールに1-2で負け、
ギリシャと0-0で引き分け、
コロンビアに1-4で負けました。
しかも、3戦目はスコアまで同じです。

今回は、通勤時間と重なった2戦目と比べて
見やすい時間帯で、
ありがたかったのですが、
負け試合の直後に出勤するのは、
予想以上にヘヴィです・・・。

奇跡の決勝進出!
は、さすがに期待していませんでしたが、
1勝もできずに終わったのは、
ちょっと寂しいです。

ワールドカップはこれからが本番ですが、
日本の敗退が決まったので、
「終わったなあ」という感じです。

KIDS日本代表ホームレプリカTシャツNo.10
タグ:W杯
07:59 | 海外ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
copyright © 2009 朝礼のネタ「アサネタ」〜ニュースな毎日 all rights reserved.