⇒育毛商品の楽天ランキングはこちら
 ⇒年会費永年無料の楽天カード


2014年07月06日

伏見稲荷が外国人に人気の理由

世界最大の旅行口コミサイト
「トリップアドバイザー」(米国)の
「外国人に人気の日本の観光スポット」
部門で、京都市伏見区の伏見稲荷大社が、
20014年の第1位になりました。

伏見稲荷大社に行くなら楽天トラベル

伏見稲荷大社は、約1300年の歴史を持ち、
「千本鳥居」など、1万基以上はある
といわれる朱の鳥居で知られる
「お稲荷さん」の総本宮です。
稲荷山(標高233メートル)には、
稲荷大神様が鎮座しています。
毎年正月には、西日本随一の初詣客で
にぎわいますが、意外にも
世界文化遺産「古都京都」を構成する
17件の文化財には含まれていません。

トリップアドバイザーは、
世界40カ国でサイトを展開している、
世界最大の旅行口コミサイトです。
400万件以上の宿泊施設や観光名所などが
紹介され、1億5000万件以上もの
口コミ情報が寄せられています。

「外国人に人気の日本の観光スポット」は、
4年前にスタートしました。
2014年のランキングは、
昨年4月から今年4月までに投稿された
外国人たちの5段階評価や
投稿数などをもとに、
同サイトが独自に集計しました。

伏見稲荷大社は、2011年6位、12年3位、
13年2位と着実に順位を上げ、
今年ついに1位を獲得しました。

ちなみに、今年の2位は
「広島平和記念資料館」(広島市)で、
3位は「厳島神社」(広島県廿日市市)です。
京都からは、「金閣寺」(北区)が4位、
「清水寺」(東山区)が7位に
ランクインしています。

世界遺産を押しのけて伏見稲荷大社が
1位になったことについて、
トリップアドバイザー日本法人の
広報担当者は
「朱色の鳥居が山の上まで連綿と続く光景に
神秘さを感じる人が多い」
と分析しています。

伏見稲荷大社の岸朝次禰宜によると、
3、4年前から、アジア系だけでなく
欧米の観光客も増え、
平日もにぎやかになってきました。

「他のどんなところにも似ていない、
唯一無二の場所」
「山頂に行くにつれて人が少なくなって
穏やかな気持ちになる。
朱い鳥居と山の緑の色合いに
日本の平和の心を感じる」
「建物が少なく自然が豊か」
などといった声があがっています。
JR京都駅から2駅で、
駅前から歩いてすぐに参道につながる
という好立地や、
「フリー(無料)」という点も
高く評価されています。

伏見稲荷大社の1万基以上の鳥居は、
願い事がかなったことへの御礼に
鳥居を奉納する習慣が、
江戸時代以降に広がったことが
はじまりとされます。
無秩序で、決して計画的ではないものの、
日本人の信仰心と感謝の積み重ねが、
今のお稲荷さんを形作ってきました。

伏見稲荷大社は、人々が幸せを求める
「庶民の信仰の社」であり、
「神様と自然と人とが共生する
社叢(しゃそう)・稲荷山」
であるということを大切にし、
次の世代へと護り伝えていく
としています。

世界遺産登録を目指したい気持ちは
ありますが、
登録申請の体制が整っておらず、
まずは申請の基準になる国宝指定を
目指したいとしています。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


厳島神社もそうですが、
「他に同じものがない」というのが
ポイントだと思います。

日本人にも勿論人気の場所ですが、
京都の観光客数は、清水寺の方が
金閣寺よりも多いので、
日本人と外国人では、判断基準が違う
ということなのでしょう。

「山頂に行くにつれて人が少なくなる」
という意見に、
ちょっと笑ってしまいました。
山道は勾配がきつく、結構険しいので、
お散歩気分で気軽に行った人たちが、
途中でどんどん脱落していくわけです。
伏見稲荷大社周辺のホテルはこちら(楽天トラベル)
09:42 | 社会ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
copyright © 2009 朝礼のネタ「アサネタ」〜ニュースな毎日 all rights reserved.