⇒育毛商品の楽天ランキングはこちら
 ⇒年会費永年無料の楽天カード


2014年08月02日

「飲む」日焼け止め

日焼け止めというと、
肌に塗るタイプのものが一般的ですが、
実は、飲むタイプの日焼け止めも
あります。

もっとも有名なものは、
「ヘリオケア」という製品です。
スペインで設立された
国際的な皮膚科分野の研究機関が
開発したもので、
ヨーロッパや韓国などでは、
皮膚科でも処方されています。

日焼け止めランキング(楽天市場)

ヘリオケアには、「FernBlock」という、
シダ植物の一種から抽出された
天然成分が使われており、この成分が、
紫外線によって体内に発生した
活性酸素を破壊してくれるのです。

その他にも、紫外線によって
ダメージを受けた免疫機能を正常化したり、
DNAを保護して肌の回復を早めたり、
肌のコラーゲンを保護して
光老化を軽減させたりする効果もあります。

塗るタイプの日焼け止めは、
耳の後ろや手の甲など、
つい塗り忘れてしまう部分があったり、
水や汗に濡れたり、
それを拭ったりすると落ちてしまうので、
その度にこまめに塗り直す必要があります。

ヘリオケアは、1カプセルで
4〜6時間ほど効果が持続し、
全身のケアもできて便利です。

ただし、これさえ飲んでおけば、
効果が持続している間は、
どれだけ紫外線を浴びても
全く日焼けをしない
というわけではありません。

塗るタイプの日焼け止めや、
帽子、サングラスなどを使って、
しっかりと紫外線対策をした上で、
それでも防ぎ切れない紫外線のダメージが
体に蓄積されないように、
飲む日焼け止めも併用するのが良いです。

日本では、ドラッグストアや薬局で
飲む日焼け止めの取り扱いはありませんが、
いくつかの皮膚科や美容クリニック、
インターネットの通販サイトなどでは
購入することができます。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


こんなものがあるとは、知りませんでした。
まあ、日本では、お目にかかる機会は
ほとんどなさそうですが。

飲むだけでバリア効果が、というのなら
便利ですが、通常の日焼け対策に+αで
強化対策、という使い方だと、
そこまで徹底的にやる必要があるのかと
疑問に思ってしまう部分はありますが。

内服薬は、副作用も心配です。
不要な薬を気軽に飲むのは、ちょっと・・・。

話題性という面では、面白そうです。

夏の暑さ対策特集はこちら(楽天市場)
タグ:日焼け止め
copyright © 2009 朝礼のネタ「アサネタ」〜ニュースな毎日 all rights reserved.