⇒育毛商品の楽天ランキングはこちら
 ⇒年会費永年無料の楽天カード


2014年10月29日

「和紙」が無形文化遺産登録へ

文化庁は28日、政府が
国連教育科学文化機関(ユネスコ)の
無形文化遺産に提案していた
「和紙 日本の手漉(てすき)和紙技術」
について、事前審査を行う
ユネスコ補助機関が
「登録」を勧告したと発表しました。
勧告通り認められるのが一般的で、
11月24日からパリのユネスコ本部で行われる
政府間委員会で正式決定される見通しです。

楽天市場で「和紙」を見てみる

和紙が無形文化遺産に決まれば、
昨年の「和食」に続いて2年連続です。
同遺産には、国内で計22件が登録されています。

提案書は、8世紀から続く
伝統的な工芸技術として、
原料に「楮(こうぞ)」を用いるなど
古来の製法を守る手漉和紙の価値を
アピールしています。
島根県浜田市の「石州半紙」、
岐阜県美濃市の「本美濃紙」、
埼玉県小川町、東秩父村の「細川紙」
の3件を申請していました。

石州半紙は、2009年に無形文化遺産に
登録されましたが、11年に提案した
本美濃紙は類似性を指摘され、
認められませんでした。
政府は対象を拡張するため、
和紙として登録し直すことを提案しました。
職人らでつくる保存会などが、
国指定重要無形文化財の保持団体に認定され、
技術伝承の体制が充実している3件の
一括登録を、ユネスコに求めていました。 

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


和紙も、世界に誇れる日本の文化だと思います。
これからは、障子を見る目も変わりそうです。

ただ、和紙にも地域ごとに特色があって、
和紙「全般」というわけではないようです。
何をどういう基準で登録しているのかについては、
ユネスコの考えていることは、
相変わらずよく分かりません。

楽天市場で「和紙」を見てみる
07:35 | 社会ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
copyright © 2009 朝礼のネタ「アサネタ」〜ニュースな毎日 all rights reserved.