⇒育毛商品の楽天ランキングはこちら
 ⇒年会費永年無料の楽天カード


2014年12月09日

吉野家値上げで牛丼並盛380円に

牛丼チェーンの吉野家が、
今月17日午後3時から、
牛丼と牛カルビ丼の価格を、
80〜120円(税込)値上げします。

牛丼並盛は、80円値上げし、
300円から380円になります。

吉野家牛丼の具135g×15食

米国産牛肉の出荷量が、
現地の干ばつの影響で減少するなど、
原材料コストが高くなっているためです。
円安の影響もあり、冷凍食品や即席麺で
相次いでいる値上げの波が、
外食産業にも波及し始めました。

牛丼の「大盛」は90円高い550円に、
「特盛」は120円高い680円になります。
牛皿も80−120円同時に値上げします。

牛カルビ丼は、並盛、小盛、大盛とも、
一律100円の値上げです。
「並盛」は490円から590円になります。

「牛すき鍋膳」など、他のメニューは、
現行価格のまま据え置きます。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


松屋が、通常の牛めし290円に対し、
品質アップした「プレミアム牛めし」を
380円で売り出しました。
吉野家は、品質据え置きで、
価格だけプレミアム牛丼に
なってしまったということです。

冷凍食品や即席麺の値上げ発表が
相次いでいますが、それよりも、
牛丼の値上げはショックが大きいです。
元が安いだけに、80円値上がりすると、
値上げ率は27%と、とんでもない数字です。

気持ちは分かりますけれど。
みんなが「企業努力の限界」と
言っているなかで、牛丼屋だけが、
これまでの価格をキープできる
はずがないのは当然です。

ですが、それでも、消費者心理として、
牛丼屋にだけは、頑張ってほしかったです。
吉野家も、頑張って値下げして
300円にしていたのに。

お歳暮に高級牛肉を(楽天市場)
タグ:吉野家
18:29 | 経済ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
copyright © 2009 朝礼のネタ「アサネタ」〜ニュースな毎日 all rights reserved.