⇒育毛商品の楽天ランキングはこちら
 ⇒年会費永年無料の楽天カード


2014年12月20日

東京駅100周年記念Suica大混乱で販売中止

12月20日、東京駅が100周年を迎えました。
100周年を記念して、JR東日本は
「記念Suica」を発売しましたが、
人気が集まりすぎて、客が殺到したため、
急きょ、販売を中止し、
買えなかった人が駅員に詰め寄り、
一時、警察も出動する騒ぎになりました。

東京駅開業100周年記念コラボバッグ【紀ノ国屋】

「東京駅開業100周年記念Suica」は、
12月20日8時に販売開始予定でした。
赤レンガの丸の内駅舎のデザインで、
1枚2000円(デポジット500円を含む)、
限定1万5000枚、購入は1人3枚までで、
東京駅の丸の内南口ドーム内特設ブースで
販売されました。

駅前には、徹夜組も含め、
9000人以上の列ができ、
販売開始時間を前倒しして、
7時14分から売り出しましたが、
JR東日本は「想定外の数の人が来て危険」
と判断し、9時40分に、約8000枚で
販売を打ち切りました。

正午ごろには、駅丸の内南口前に
100人以上が集まり、駅員に
「なぜ買えないのか」と詰め寄り、
混乱は3時間以上も続きました。

購入できなかった人からは、
「禁止されていた徹夜組が購入でき、
始発でやってきて寒い中きちんと
待っていた人が買えないなんて納得できない」
「客を誘導する駅員や警備員がいなかったのに
『客が混乱したから販売を中止した』と
まるで自分たちのせいではない感じで許せない」
など、不満の声が上がっています。

JR東日本は、記念Suicaについて、
「今後、改めて販売するが詳細は未定」
としています。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


「限定」と言われると欲しくなるのが、
人間の悲しい性(サガ)というものですが、
なかなかスタイリッシュなデザインで、
これは普通に欲しいなと思いました。

朝7時の時点で、5000人だか6000人が
並んでいるらしいという情報もあり、
この時点で、駅員が
「今から並んでも買えない可能性がある」
と案内していたようです。
その、最終的に9000人という人数を
収納できるスペースが、東京駅周辺の
どこにあるのだろうかという点も疑問ですが、
最終的に、販売を打ち切ったうえに、
客が苦情を訴える騒ぎになったとは、
何ともお粗末な話です。

販売方法に問題があったことは、
間違いありません。
駅構内は、自動改札も止められて、
中に入れないほどの混雑だったといいます。
普通に電車に乗りたい人が、
駅に入れないなど、言語道断です。
そういう意味では、集まった人を
退去させるために、販売中止は
やむを得ないでしょう。
JR側の不十分な対応が原因だったとしても。

ただ、駅員に詰め寄るのは、
無しかなあ、と。
ルール違反をするオバカサンに
ムカつくのは分かりますが、
結局は、駅員に詰め寄って騒ぎを起こす
という危険行為をすることで、
自分たちが、販売停止の原因を
作ってしまっているわけです。

限定品を求めて並ぶ時にも、
マナーを考えないといけません。

高騰してます
 ↓
東京駅開業100周年記念Suica
18:18 | 社会ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
copyright © 2009 朝礼のネタ「アサネタ」〜ニュースな毎日 all rights reserved.