⇒育毛商品の楽天ランキングはこちら
 ⇒年会費永年無料の楽天カード


2014年12月24日

妖怪ウォッチ映画2日で16億円

「妖怪ウォッチ」の初の劇場版アニメ
『映画 妖怪ウォッチ 
誕生の秘密だニャン!』
が20日に公開され、土日の2日間で、
興行収入が16億円を突破し、
東宝映画の新記録を樹立しました。

映画妖怪ウォッチ エントリーしてチケット購入でポイント5倍(楽天ID決済)

同映画は、全国408スクリーンで公開され、
土日2日間の興行収入は
16億2889万3000円でした。
これまでの最高は、
『ハウルの動く城』(2004年11月20日公開)
の14億8000万円でした。

動員数は148万4916人で、
全国映画動員ランキングで
断トツの1位となりました。

前売券販売枚数は、
公開1週間前に100万枚を突破し、
公開前日に114万枚となり、
東宝映画で過去最高を記録しました。

PCと携帯電話を使った
初日アンケートによると、
客層は男女比51:49、
年齢別では、小学1〜3年生が26.1%、
0歳〜幼稚園・保育園児が14.4%、
小学4〜6年生が8.7%、
親世代では30代が28.5%、
40〜50代が16.1%となりました。

鑑賞動機(複数回答可)は
「テレビアニメの妖怪ウォッチが
好きだから」(59.4%)、
「入場者プレゼントのダークニャンメダル
が欲しかったから」(48.0%)、
「内容がおもしろそうだから」(39.6%)、
「ゲームの妖怪ウォッチが好きだから」
(27.9%)などとなっています。

映画の満足度は、
「非常に良かった」が78.2%、
「良かった」が17.4%と、
合わせて95.6%が満足していました。

第1弾公開前に、すでに、2015年冬に
劇場版第2弾の公開が決定しています。

なお、同日全国540スクリーンで公開された
ディズニー・アニメーション最新作
『ベイマックス』は、土日2日間で
動員46万3556人、興収6億41万500円で
2位となりました。
これは『アナと雪の女王』に次ぐ、
ディズニー・アニメーション史上
第2位の好スタートです。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


公開日に子供を連れて映画館に
行かされ・・・基、連れていってあげた
方も多いのではないでしょうか。
23日もお休みでしたし。
かなり満足度が高いようなので、
お正月休みにリピートする人も
いそうです。

子供向けの映画はおいしいです。
子供一人で映画館に行くことはありません。
必ず親付きになるので、動員数は2倍です。

ちなみに、人気キャラ「ジバニャン」は
地縛霊ですが、
映画に登場するオリジナルキャラクターの
「フユニャン」は、「冬ニャン」ではなく、
浮遊霊です。

同日公開のベイマックスですが、
妖怪ウォッチを見に行ったものの、
満席で映画館に入れず、仕方がないので
代わりにベイマックスを見た、
というオペレーションが、
相当数発生したようです。
つまり、ベイマックスの好調は、
妖怪ウォッチの恩恵を受けたものとも
言えるわけです。
勿論、それだけとは言いませんが。

映画妖怪ウォッチ エントリーしてチケット購入でポイント5倍(楽天ID決済)
19:55 | 経済ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
copyright © 2009 朝礼のネタ「アサネタ」〜ニュースな毎日 all rights reserved.