⇒育毛商品の楽天ランキングはこちら
 ⇒年会費永年無料の楽天カード


2015年01月13日

パスポートのデザイン変更を検討

外務省が、パスポート(旅券)の
デザイン変更を検討しています。

旅券を親しみやすいものにするとともに、
海外での日本文化発信につなげる狙いで、
出入国印などが押される各ページに、
富士山など国内の名所旧跡を
印刷する案などが浮上しています。
2019年ごろをめどに変更したい考えです。

海外旅行は楽天トラベルで

日本の旅券は、1992年に、
縦12.5センチ、横8.8センチの
現行サイズとなり、
95年の10年用旅券導入で、表紙は、
5年用が紺、10年用が赤になりました。
06年にはICチップが内蔵されたほか、
細かな印刷様式の変更など、
偽造対策が行われていますが、
デザインはほとんど変わっていません。
各ページには、桜の絵柄やページの数字が
薄く印刷されていますが、
他国の旅券に比べて地味だという
指摘が出ていました。
米国の旅券には、ニューヨークの
「自由の女神」などの名所旧跡や、
独立宣言の抜粋などが印刷されています。

外務省は、国内の世界遺産や名所旧跡、
葛飾北斎による浮世絵「富嶽三十六景」を
刷り込む案なども検討しています。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


外国のパスポートを見たことがないので
何とも言えませんが、日本のは地味ですか。
地味というか、シンプルではあります。
でも、地味だったダメですか?
パスポートは人に見せて楽しむものでは
ないので、地味でも問題ないと思いますし、
派手だったら、役所などで
提示しなければならない時に、
かえって恥ずかしくないでしょうか。
絵柄を付けると、好みが分かれてしまうので、
万人受けするような無難なものを
選んだとしても、こんなのは嫌だという
反対意見は出てくるはずです。
別に無理して変える必要はないと思いますが、
変えれば、それはそれで、良くも悪くも、
話題にはなるでしょう。

なんか飽きちゃったから、
たまにはデザイン変えてみませんか?
とは言えないので、何かもっともらしい
理由をつけようとしているのではないか
とも考えてみましたが。

海外旅行は楽天トラベルで
タグ:パスポート
17:19 | 社会ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
copyright © 2009 朝礼のネタ「アサネタ」〜ニュースな毎日 all rights reserved.