⇒育毛商品の楽天ランキングはこちら
 ⇒年会費永年無料の楽天カード


2015年01月22日

郵便物500通紛失 配達員が水路に転落

高松南郵便局(高松市)の局員が
配達中にオートバイごと水路に転落し、
郵便物約500通を紛失していたことが
わかりました。

日本郵便は、紛失の事実を、
4日後にホームページ(HP)上だけで
公表していました。

KITTE

日本郵便四国支社によると、
今月15日正午頃、男性局員(30)が
高松市内で水路に転落し、
郵便物約600通が流されました。
約100通は回収できましたが、
約500通は見つかりませんでした。

日本郵便は19日に、HPに
「流失事故の発生」との文書を掲出し、
12〜14日に現場近くの地域に出された
郵便物が届かない恐れがあると
告知しました。
公表の遅れについては、
「回収した約100通の差出人への
謝罪を優先した」と釈明しています。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


本当なら、これこそまさに
「郵便事故」です。
事故なので、あまり責めるのは
かわいそうです。

ただ、上司に遅配をとがめられるのを
恐れてとか、単に配達が面倒だった
という理由で、配達員が故意に
郵便物を川や海に投げ捨てたり、
たき火をしてしまったり、自宅の
押し入れに隠し持っていたり
という不祥事がよくあるのも事実です。

とはいえ、それでも、郵便物は
きちんと届く方です。

ちなみに、郵便物が届かない場合、
内容証明などのない普通郵便
であっても、ある程度は
調べてくれるようです。
見つかることは、ほとんどありませんが。

郵便ポスト(郵便受け)
タグ:日本郵便
17:12 | 社会ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
copyright © 2009 朝礼のネタ「アサネタ」〜ニュースな毎日 all rights reserved.