⇒育毛商品の楽天ランキングはこちら
 ⇒年会費永年無料の楽天カード


2015年02月05日

JTが飲料事業撤退へ

日本たばこ産業(JT)は4日、「桃の天然水」など、全飲料の製造販売を9月末をめどにやめ、飲料事業から撤退すると発表しました。
加工食品と並ぶ多角化の柱でしたが、競争が厳しく、成長は難しいと判断しました。
子会社が担う自動販売機の運用は続けます。

事業の売上高は約500億円です。
飲料総研によると、2014年の国内シェアは、1.6%で10位です。

飲料事業には、1988年に参入しました。
96年発売の「桃の天然水」や、2000年の缶コーヒー「ルーツ」など、ヒット商品もありました。
近年は業績が伸び悩み、自販機の運用も含む飲料事業全体の14年3月期の売上高は、前期比0.5%減の1845億円、営業損益は21億円の赤字でした。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


桃の天然水については、他社に譲渡検討しているそうです。
なので、ブランドは残るようです。
ルーツがどうなるのかも、気になるところです。

飲料業界は、新商品の発売サイクルが短く、開発競争も激しく、業界トップ企業でも、色々と難しいと聞きます。
その厳しさについていけず、脱落していく企業も多いです。
JTの撤退も、止む無しといったところでしょうか。

ルーツ アロマブラック
タグ:JT
01:56 | 経済ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
copyright © 2009 朝礼のネタ「アサネタ」〜ニュースな毎日 all rights reserved.