⇒育毛商品の楽天ランキングはこちら
 ⇒年会費永年無料の楽天カード


2015年03月17日

上野東京ラインの行き先がカオスで名鉄状態に

上野と東京を結ぶ「上野東京ライン」が3月14日に開通しました。
高崎線・宇都宮線・常磐線と東海道線が乗り換えなしで行き来ができるようになり、乗客の利便性が高まりました。
一方で、行き先が17種類になり、"カオス"となっています。

My LINE(マイライン)東京時刻表2015年04月号

新橋駅は、上野東京ラインの恩恵をもっとも受けています。
これまで、東海道線ホームは、乗客の大半が下り横浜方面に利用していました。
上り方面が隣の東京駅で終点のため、わざわざ東海道線を使う必要がなかったのです。

しかし、上野東京ラインが開通すると、多くの利用客が東京駅方面のホームにも並んでいました。
乗り換えなしに上野駅より北に行ける利便性を物語っています。

ただし、行き先をしっかり確認しなければならなくなりました。
特に品川駅から北に行く場合、これまでは東京駅行きだけでしたが、14日からは、下記のように、行き先が17種類になっています。

●高崎線=前橋、新前橋、高崎、深谷、籠原
●宇都宮線=黒磯、宇都宮、小金井、古河
●常磐線・成田線=高萩、勝田、水戸、土浦、成田、取手
●上野東京ライン=上野、東京

常磐線方面は、電車のカラーリングが違うので、すぐに見分けがつきますが、高崎線や宇都宮線・東海道線は同じカラーリングなので、行き先をしっかり確認しないと、目的地とまったく違う方向の電車に乗ってしまう恐れがあります。
JRにとっては、上野東京ラインの開通で複雑化した行き先を、利用客にどう明確に伝えていくかが、今後の課題です。

ところで、名古屋鉄道の行き先は、もっと複雑です。
名鉄名古屋駅では、北に行く岐阜・犬山方面が11種類、南に行く豊橋・常滑方面が19種類もの行き先があります。
しかも、名鉄の場合、それぞれの行き先に「普通」・「準急」・「急行」・「特急」があり、それぞれ停車駅が異なります。
これらの電車が上り下りの区別なく、ひとつのホームで行き来します。

さらに、列車編成も2両から8両までと多岐にわたり、それに応じて、ホームで並ぶ位置が変わります。
それでも、名古屋の人々は、自分の行きたい駅にあわせてそれぞれ柔軟に対応できているようです。

ただ、名古屋に比べると、東京は乗客が多いため、JR東日本の"名鉄現象"に東京人がすんなり対応するのは、難しいかもしれません。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


「慣れ」でしょう。
ただ、通勤などで日常的に使っている人はいいですが、たまに出掛ける人、観光客など、慣れていない人はどうすればいいのでしょうか。

上野東京ラインとは微妙に関係ないかもしれませんが、京浜東北線は罠だと思いました。
行き先が大船と大宮です。
方向は真逆ですが、どちらも「大」で始まる2文字の駅名で、紛らわしいです。
案の定、反対方面の電車に乗ってしまいました。
きっとやらかすだろうと予測はできましたが、回避はできませんでした。

それと、乗り越しの危険性も指摘されています。
相互乗り入れで走行距離が長くなったため、うっかり寝過ごすと、どこか違う世界に連れて行かれてしまいます。
そうなった場合は、餃子を食べてくるか、温泉に浸かるしかないでしょう。

熱海温泉に行く(楽天トラベル)
10:24 | 社会ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
copyright © 2009 朝礼のネタ「アサネタ」〜ニュースな毎日 all rights reserved.