⇒育毛商品の楽天ランキングはこちら
 ⇒年会費永年無料の楽天カード


2015年04月06日

100周年Suica 来年発送の人も

JR東日本は4月6日、「東京駅開業100周年記念Suica」の申込者に、発送スケジュールを通知するメールを送信しました。
最終申込数は約499万枚に上っており、発送が来年3月にまでずれ込む人もいます。

東京駅開業100周年記念Suica

発送スケジュールは、Web申込分はメールで、郵送申込分は10日までにはがきで順次知らせます。

記念Suicaの申し込みは、Webが約197万件、郵送が約30万件に上り、枚数は、Webが約425万枚、郵送が約74万枚と、Suicaの年間発行枚数を超える規模です。
3月末までに発送可能な10万枚分は抽選で決め、残りの具体的なスケジュールは、再度抽選して決めるとしていました。

JR東日本は、6月中旬以降は毎月10万〜70万枚を発送する予定です。
人によっては、来年までずれ込む場合もあります。

Twitterでは、通知を受け取った人が「発送予定は来年3月だって」などと驚く声が投稿されています。
「そのころになったら忘れているかも」「もうどうでもよくなってきた」「101周年だな」という意見もあり、少なくない数が、入金されないまま残ってしまう可能性もありそうです。

記念Suicaは、昨年12月に、1万5000枚限定で、東京駅構内で発売されましたが、予想以上の購入希望者が殺到し、混乱が起きたため販売を打ち切り、希望者全員に販売する方針に変更し、2月9日まで申込を受け付けていました。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


最終的に、全ての郵送が終わるのは来年の3月になるということは、申込み時に既に言われていたことなので、今更文句を言うのは筋違いです。
初日に申し込んだのに来年、と怒っている人もいましたが、それは抽選なので、しかたがないことです。

一番心配なのは、キャンセルです。
来年郵送の人の場合、料金の振り込みは、今すぐではなく、郵送予定日の直前になるようなので、入金せずにそのまま解約というケースは多そうです。

実際、「もうどうでもよくなってきた」というのが本音だと思います。
ブームなんてそんなものです。

東京駅開業100周年記念Suica
23:04 | 社会ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
copyright © 2009 朝礼のネタ「アサネタ」〜ニュースな毎日 all rights reserved.