⇒育毛商品の楽天ランキングはこちら
 ⇒年会費永年無料の楽天カード


2015年05月12日

嵐のコンサートで学会が日程変更

日本質的心理学会(JAQP)は、10月3日、4日に、宮城教育大学にて第12回大会を開催します。
開催日は当初、9月19日、20日の予定でしたが、アイドルグループ「嵐」のコンサート開催日程と重複することを考慮し、予定日を変更しました。
ネットでは、ファンや県内有識者による賛否の声があがっています。

ARASHI BLAST in Hawaii

JAQPの第12回テーマは「ともにおこす」です。
大会当日は、震災以降、東北居住者と多くの企業や大学が連携してきた歩みを振り返り、協働のあり方や復興の道筋についてさらなる展望を得ることを目的としたシンポジウムが開催されます。

大会準備・実行委員長の香曽我部琢氏によると、大会が東北地方で開催されることと、教育系単科大学で開催されることは、ともに初めてのことです。
同氏は大会開催の挨拶として、大会への参加はもちろん、東北復興の一環から仙台市内の観光や歴史探訪も呼びかけました。

大会の開催日時と場所は、当初、仙台市青葉区の宮城教育大学で、9月19日、20日が予定されていました。
しかし、5月1日に、人気アイドルグループ「嵐」が同日にコンサートを行う発表をしたことを受け、開催日時を10月3日、4日に変更しました。

同大会Webサイトでは、日程変更の理由を「仙台市内の宿泊施設が満室となり、公共機関も混雑が予想される」ためとしています。
嵐による東日本大震災復興支援コンサート「ARASHI BLAST in Miyagi」、通称「嵐ランド」は、宮城郡利府町の「ひとめぼれスタジアム宮城」にて、9月19日から23日に行われる予定で、約20万人の動員が見込まれています。

ひとめぼれスタジアム宮城は、県内からは「宮城スタジアム」、または同スタジアムが建設されているエリア一体とまとめて「グランディ・21」と称されることが多いですが、仙台市中心部より距離があることで、毎年「不便」との声もあがる会場です。
会場周辺に宿泊施設が少ないことから、2013年のサザンオールスターズによるコンサートの際も、仙台市内の宿泊施設はもちろん、市内の長町や、会場に比較的近い松島、塩釜、秋保温泉の宿泊施設が混雑しました。

ネットでは、この日程変更について、
「福岡でもSMAPや嵐のライブ時に大きな学会の日程が変更になったことがあった」
「嵐コンサートのために学会の日程変更、これは英断だと思う。冷静な判断をされた学会のスタッフの有能さに驚いた」
「ファンとして学会の関係者に申し訳ない気持ち」
「嵐のほうが日程変更をしてくれないかな」
「どちらも東北大震災を応援する会だから、どちらが悪いというわけではないと思う」
など、さまざまな反応がみられました。

JAQPの第12回大会の詳細やスケジュールは、Webサイトで閲覧が可能です。
現在、各シンポジウムへの参加や、ポスター掲示の予約を受け付けています。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


「たかが」アイドルのコンサートじゃないですか。
「たかが」と言っていられる規模じゃないですが。
20万人って・・・。

ただ、理由が何であれ、混雑が予想されるのであれば、回避策を取るのは、必要なことだと思います。
ホテルが取れないのではどうしようもありませんから。

大規模イベントは、施設の収容人数の限界なども考慮したうえで、企画しなければいけないのだということも、実感させられました。

ひとめぼれスタジアム宮城
11:07 | 社会ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
copyright © 2009 朝礼のネタ「アサネタ」〜ニュースな毎日 all rights reserved.