⇒育毛商品の楽天ランキングはこちら
 ⇒年会費永年無料の楽天カード


2015年05月22日

鳥取県にいよいよスタバ初上陸

47都道府県のなかで唯一、スターバックスコーヒー(スタバ)が出店していなかった鳥取県に、5月23日、ついに、鳥取県下1号店となる「シャミネ鳥取店」(鳥取駅南側)がオープンします。
これに合わせ、鳥取県は、大々的なPRイベントを実施します。

楽天市場のコーヒーランキングはこちら

2014年4月、隣の島根県に「スターバックスコーヒー出雲大社店」がオープンした際、平井伸治鳥取県知事が、「鳥取にはスタバはないが、“日本一のスナバ”がある」と駄洒落でコメントを発表し、話題となりました。

この発言を受けて、「すなば珈琲」という地元の珈琲店が、鳥取駅前に急きょ出店を決めたというエピソードもあります。

日本一のスナバプロジェクト「勝手にスナバキャンペーン」は、鳥取県が県を挙げて取り組む、観光や特産物の知名度向上を目的としたPRイベントです。
すなば=砂場とは、鳥取砂丘のことです。
鳥取砂丘で、県産品が当たる「スナバくじ」を実施します。
また、妖怪の砂かけ婆(ばばあ)を「臨時スナバー大使」に任命しました。

実は鳥取市は、コーヒーの消費量全国第2位(1位は京都市、3位は札幌市)を誇る、コーヒー好きが多い土地柄でもあります。

「すなば珈琲」(運営:ぎんりんグループ)では、5月23〜27日に、店の存亡を賭けた「大ピンチキャンペーン」を開催します。
期間中、毎日先着50名にオリジナルマグカップをプレゼントするほか、他のコーヒーショップのレシートを持参すると、ブレンドコーヒー代が半額になり、さらに「他のコーヒーショップのよりもまずかった」と言ったお客さんのブレンドコーヒー代が無料になります。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


ついに、スタバが鳥取県に進出、全国制覇達成です。
私は、鳥取県は「スタバ空白地帯」ではなく、唯一スタバの侵略を退けてきた「聖域」だと思っているので、ついに鳥取県が陥落するというのは、非常に悲しいお知らせです。
1つくらい、スタバのない県があってもいいじゃないですか。
むしろそれをPR材料にするしたたかさ、好きでした。

まあ、スタバがオープンすれば、大盛況は間違いないので、入店待ちの行列が何メートルまで伸びるのか、などの話題を楽しみにしています。

それよりも心配なのは、すなば珈琲です。
スタバがないからこそ成り立っていた"ネタ"ショップだったわけですが、スタバができたら、やはりお役御免になってしまうのでしょうか。
オープン時には、既に、遠からず、県内にスタバが進出してくることは分かっていたので、運営側も、スタバができるまでもてばいいと割り切っていた可能性もありますが、どこにでもある画一的な店舗のスタバよりも、こういうユニークなショップにこそ、何とか生き残ってほしいと思います。

楽天市場でコーヒーランキングを見てみる
15:38 | 社会ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
copyright © 2009 朝礼のネタ「アサネタ」〜ニュースな毎日 all rights reserved.