⇒育毛商品の楽天ランキングはこちら
 ⇒年会費永年無料の楽天カード


2015年12月21日

中央線終点高尾から最終電車乗り過ごし救済バス

東京・多摩西部を中心に、路線バスを運行する西東京バス(本社・八王子市)が、忘年会シーズンに合わせて、JR中央線の中央特快最終電車で、終点の高尾駅にたどり着いてしまった乗客を“救済”するバスの運行を始めました。

高速バスの予約も楽天トラベルで

中央線は、新宿駅を午前0時11分に出発する中央特快高尾行きを利用して寝過ごしてしまうと、高尾駅到着は0時55分で、接続する上り電車はありません。
また、高尾山にほど近く、周辺に夜を明かすことができる施設も少ないため、週末などは、駅近くで立ちつくす人も少なくありません。

西東京バスの運転手も、別の会社に勤務していた当時、乗り過ごした経験があり、同様のサービスを社内で提案しました。
昨年、最終電車の到着に合わせ、乗り越し客を、宿泊施設や深夜営業の店が多い八王子市市街地まで送り届けるサービスを実施したところ、料金は日中の倍の880円ながら、7日間で計約150人が利用するなど、好評でした。

今年は12、19、23、26日の土曜日、祝日のそれぞれ未明に運行することにし、12日は6人、19日は24人が利用しました。
同社は「本来なら深酒して乗り過ごさないのが一番だが、万一そうなってしまったときはぜひ利用してほしい」としています。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


料金が昼間の2倍、週末のみ運行の深夜バスというと、六本木のあたりを走って、結局1年もたずに廃線になった「例のやつ」を思い出しますが、それよりは、ずっと需要が高そうです。

「駅近くで立ちつくす人」は、結局、その後どうしたのかを知りたいのですが、やはりタクシーでしょうか。

都営バスの時にも言われたことですが、深夜バスを走らせると、タクシーの客足に影響しないかという心配があります。
まあ、タクシーは、乗りたい時に確実にその場に居合わせてくれるという保証はありませんし、普段、駅周辺に何台くらい待機しているのかという状況にもよるので、一概には言えませんが。

私なら、この深夜バスは、是非利用したいです。
いや、そもそも、普段、中央線には乗っていませんが。

高速バスの予約も楽天トラベルで
10:01 | 社会ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
copyright © 2009 朝礼のネタ「アサネタ」〜ニュースな毎日 all rights reserved.