⇒育毛商品の楽天ランキングはこちら
 ⇒年会費永年無料の楽天カード


2015年12月21日

妖怪ウォッチがスター・ウォーズに勝利

興行通信社による週末観客動員数ランキングが、21日に発表され、土日2日間で97万4557万人を動員した映画「妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!」が1位となりました。

映画妖怪ウォッチ誕生の秘密だニャン![Blu-ray]

全国359館434スクリーンで19日に初日を迎え、興収10.5億円を突破しました。
興収78億円のヒットとなった昨年の劇場版1作目に続き、今年も特典メダル付きの前売り券が100万枚以上を売り上げており、ロケットスタートを切りました。

独自の初日ウェブアンケートによると、男女比は63:37です。
年齢別では0〜幼稚園・保育園児12.2%、小学1〜3年生27.8%、小学4〜6年生11.4%、30代20.8%、40〜50代19.2%でした。
家族連れがメーンの客層も相まって、動員数を伸ばしています。

金曜18日に公開された「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」は、3日間で動員104万人、興収16.19億円を突破していますが、土日2日間の動員数では、妖怪に軍配が上がりました。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


スター・ウォーズはあまりに凄すぎるので、国内の主要なお正月映画は、軒並み、年が明けてから公開するスケジュールにするなど、スター・ウォーズを避ける傾向にありました。

そりゃあ、そうだ、あえてスター・ウォーズとぶつけて、まともに勝負しようなんてバカは、いるわけが・・・、え? いた?!
しかも、スター・ウォーズに勝った、だと?!

妖怪ウォッチって、そんなに凄かったんだ・・・。

まあ、スター・ウォーズの前作を知らない小学生以下の子供は、スター・ウォーズなんて見たがらないだろうし、パパはスター・ウォーズが見たかったとしても、かわいい我が子に「妖怪ウォッチつれてって」とせがまれれば、先に妖怪ウォッチ、スター・ウォーズは来週に後回しにせざるをえないのかもしれません。

それにしても、1週もずらさず、あえてスター・ウォーズにぶつけてきた妖怪ウォッチ、強気すぎます。恐るべし。

「映画妖怪ウォッチ誕生の秘密だニャン!」スペシャルプライス版
19:09 | 社会ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
copyright © 2009 朝礼のネタ「アサネタ」〜ニュースな毎日 all rights reserved.