⇒育毛商品の楽天ランキングはこちら
 ⇒年会費永年無料の楽天カード


2016年01月05日

スタバの福袋を100個以上買占め

人気コーヒーチェーン「スターバックス」の店舗で起きた、福袋の「買い占め」が問題になっています。
店が用意していた100個以上の福袋を、行列の先頭に並んでいたグループが全て買い占めたため、他の客は一切購入できませんでした。

楽天市場の福袋特集はこちら

買い占め騒動が起きたのは、2016年1月2日に福袋の販売を開始した「スターバックス 二子玉川ライズドッグウッドプラザ店」です。
現地にいたツイッターユーザーの報告によると、2日の早朝5時には、すでに福袋を求める客が行列を作っていました。

開店時間の7時を迎えると、行列の先頭に椅子を置いて「場所取り」をしていたグループが、店が用意していた100個以上の福袋を、全て買い占めてしまいました。
開店までの間、同グループは、近くに停めた車の中で待機していたといいます。

毎年1月1日および2日から、店頭限定で販売されるスターバックスの福袋は、一部の店舗では、前日の夜から購入客の行列ができるほどの人気商品です。
3500円と6000円の二種類あり、限定デザインのトートバックやマグカップなど、この福袋でしか入手できないアイテムもあります。
ネットオークションで、定価の倍近い値段でやり取りされることも珍しくありません。

そのため、買い占めを行ったグループの目的が「転売」にあるのではと疑う向きもあります。
実際、この福袋は、「ヤフオク!」などのオークションサイトに、定価以上の値段でいくつも出品されています。

ただ、こういった買い占めによる転売を防ぐ目的もあり、多くの店舗は、1人3点までなど、販売個数を制限していました。
しかし、買い占め騒動が起きた店舗では、そういった制限をかけていませんでした。

ネット上には、
「スターバックスが好きで大事にしてくれるファンの気持ちや労力を、店側が踏みにじった」
「スタバ福袋を先頭客が買い占め。全部売ったお店が悪い」
「買い占めた客はクソなんだがコレは個数制限しなかった店が悪いわな」
などと、店の対応にも批判的な意見があがっています。

取材に対し、二子玉川ライズドッグウッドプラザ店は「この件に関しまして、店舗として一切お答えすることはできません」とコメントしています。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


これも一種の爆買いなのでしょうか。

この話は、私もTwitter上で見かけました。

買い占められたのは、48個と60個の合計108個で(どちらが何個か分かりませんが)、このグループは、椅子だけ置いていて、本人達は並んでいなかったそうです。

場所取りして並ばないのは、さすがにルール違反でしょう。
それを注意しなかっただけでも、店の対応が非難される理由としては十分です。
もし、見ていないから分からないというなら、それだけ人が並んでいるのに、列整備すらしていなかったということで、それも店側の不備ですし。

そして、「全部下さい」というのも常識を疑いますが、言われて「ハイどうぞ」と渡してしまうのも、おかしいです。
そういう時は、自分の裁量でどうにかできないなら、まずは店長に相談するべきです。

迷惑な客が来たことは間違いありませんが、店側の対応がしっかりしていれば、起こらなかった事故なのかもしれません。

偶然ですが、108個という数に、煩悩という名の因縁を感じました。

楽天市場で福袋を購入
19:34 | 社会ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
copyright © 2009 朝礼のネタ「アサネタ」〜ニュースな毎日 all rights reserved.