⇒育毛商品の楽天ランキングはこちら
 ⇒年会費永年無料の楽天カード


2016年02月09日

北海道新幹線が避難訓練中にトラブル

9日午前2時50分ごろ、JR北海道が、北海道新幹線の避難訓練を実施中、青函トンネル旧竜飛海底駅(青森県外ケ浜町)付近を走行中の新幹線車両(10両編成)が、架線の送電が止まったため急停止し、約20分間、トンネル内で立ち往生しました。
車両には、JR北海道の島田修社長や、JR東日本幹部ら約250人の訓練参加者と、報道関係者ら約60人が乗っていました。
島田社長は「不慣れな面があり、送電手続きの指示にミスがあった。ご迷惑をお掛けして申し訳ない」と陳謝しました。

楽天市場で防災関連グッズを見てみる

JR北海道によると、避難訓練は、新函館北斗発の新幹線車両が青函トンネル内を走行中、火災検知装置が作動したため、旧竜飛海底駅に停車し、救援列車を出して乗客を新青森駅へ運ぶという内容でした。
9日午前1時に始まりました。

トラブルが起きたのは、救援列車です。
青森側から旧竜飛海底駅に到着後、通常函館方面へ向かう線路を、逆向きの青森方面に走行し始めた直後でした。
JRの新幹線運行管理センター(札幌)が、逆向き走行のための送電手続きをする際に、ミスをしたとみられます。

このトラブルのため、列車は予定より約35分遅れ、午前4時ごろに新青森駅に到着しました。
在来線や貨物列車の運行に影響はありませんでした。

トラブルが起きた車内は、非常灯以外の照明が消え、乗務員が、トラブルの内容確認のため車内を行き来するなど、一時騒然としました。

青函トンネルでは、2015年4月に、走行中の特急から煙が発生し、乗客124人が地上に避難しました。
JRは、3月の北海道新幹線開業に向け、新マニュアルを整備し、トンネル内に2カ所ある、旧海底駅の避難設備の増強などを行っていました。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


訓練のはずがリアル事故発生という、笑えない事態になりました。
きっと、「これは訓練ではありません」などという車内アナウンスが流れたのでしょう。

またJR北海道が不備か、という気がしなくもありませんが、通常とは異なる運用をしたことで、思わぬ欠陥が分かり、かえって良かったのではないでしょうか。

こういうことがあるから、訓練は大事なのですね(それはちょっと違うと思いますが)。

楽天市場の防災関連グッズランキングはこちら
19:19 | 社会ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
copyright © 2009 朝礼のネタ「アサネタ」〜ニュースな毎日 all rights reserved.