⇒育毛商品の楽天ランキングはこちら
 ⇒年会費永年無料の楽天カード


2016年02月12日

iPhoneの日付1970年1月1日に設定すると使用不能になるバグ

iPhoneの日付を「1970年1月1日13時00分」に設定して再起動すると、iPhoneが使用できなくなるバグが発見されました。

楽天市場のスマートフォンアクセサリーランキングはこちら

「設定」アプリで「日付と時刻」の自動設定をオフにして、本体の日付を手動で1970年にすると発生します。
iPhoneでは通常、2000年辺りが、日付を戻せる上限となっていますが、さらにスクロールし続けると、1970年まで戻せます。
ただし、この時点で、既にスクリーンショットが撮影できなくなっているという報告もあります。
 
本体の日付を1970年にした状態で再起動すると、アップルマークがディスプレーに表示されたまま動かなくなるようです。
 
Twitterでは、「iPhoneを軽く出来る」などとうたい、日付を1970年1月1日まで戻して再起動をする方法が紹介されていますが、これはデマです。
上記のバグについてのツイートなので、実際には、動作が軽くなるどころか、iPhoneが動作しなくなります。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


本当かどうか、検証してみたいですが、できません。

アップルから何も発表がないようなのも、気になるところです。

まあ、普通に使っていれば、日付を1970年に設定するなどということはありえないので、大した問題ではないのかもしれませんが。

楽天市場でスマートフォンアクセサリーランキングを見てみる
タグ:iPhone
copyright © 2009 朝礼のネタ「アサネタ」〜ニュースな毎日 all rights reserved.