⇒育毛商品の楽天ランキングはこちら
 ⇒年会費永年無料の楽天カード


2016年03月11日

奇跡の一本松の子孫が里帰り

5年前、東日本大震災の復興支援で岩手県陸前高田市を訪れた男性(73)が、津波に耐えた「奇跡の一本松」の松ぼっくりから育てた苗木を、陸前高田市に贈ります。
毎日欠かさず世話し育て上げた苗木を前に「被災地を元気づけることができれば」と話しています。

奇跡の一本松 大津波をのりこえて [ なかだえり ]

福井県鯖江市の澤田半壽郎(はんじゅうろう)さん(73)は、2011年7月、復興を支援するボランティアとして、陸前高田市を訪れました。
一本松を見に行った際、趣味のクラフト工作の材料にしようと、根元に落ちていた松ぼっくりを持ち帰りました。

紙袋に入れ、自宅の冷蔵庫で保管し、翌年春、袋に種子が100粒ほどたまっているのを確認しました。
生命力の強さに心打たれた澤田さんは、自然体験を指導している鯖江いずみ保育園に、種子を提供しました。
命の尊さを伝えようと、園児や学童保育の児童とともに、プランターに種をまきました。

苗木にまで育てるのは、苦労の連続でした。
発芽したものの、水のやり方など、管理方法が分からないと同園から相談され、澤田さんは、プランターの苗木を引き取り、自ら管理することにしました。
所有する山際の休耕田に約50本を移植しましたが、水分を多く含む土壌はマツに合わず、管理を任されている同保育園の畑に植え替えました。

澤田さんは、マツを育てた経験はなかったので、どうしていいか分からなかったといいます。
畝を作ったり、冬場は屋根付きの囲いを手作りするなど、試行錯誤を繰り返しました。
毎日畑を訪れ、苗木を見守りましたが、20本ほどは枯れてしまいました。
投げ出したい時もありましたが、被災地の風景を思い出すと、見捨てることができなかったといいます。

苗木は現在、約30本が、高さ50センチほどまでに育ちました。
今月に入って、被災地の現状を伝える報道を見て、「自分にも何かできないか」と思案し、9日、鯖江市に相談し、苗木を陸前高田市へ届ける協力を得られることになり、受け入れ時期などについて、両市で協議を進めています。
澤田さんは「マツが自分に助けを求めているような気がして育て続けた。寂しい気もするが、里帰りさせることになりうれしい」と目を細めていました。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


全ての松が津波に流されてしまったなかで、1本だけ生き残ったのは、本当に奇跡で、これを心の支えに、復興の象徴にしようと、奇跡の一本松の「本体」を生かすことに、誰もが躍起になっていました。

結局、奇跡の一本松は死んでしまいました。
それでも諦めきれずに、中心をくり抜いてレプリカを作ったり、廃材を使って万年筆を作ったりしました。
が、その「子供」を育てるという発想は、なかったのではないでしょうか。

自分は生き続けることはできなかったけれど、子孫を残し、命を繋いだこと、それは、もしかすると、自分自身が生き残ることよりも、尊いことだったのかもしれません。

セーラー万年筆 優美蒔絵 奇跡の一本松(2色ボールペン+シャープペンシル)
17:38 | 社会ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
copyright © 2009 朝礼のネタ「アサネタ」〜ニュースな毎日 all rights reserved.