⇒育毛商品の楽天ランキングはこちら
 ⇒年会費永年無料の楽天カード


2016年04月15日

TDSセレモニー中止、熊本地震に配慮

東京ディズニーシー(TDS)の開園15周年アニバーサリーイベント「東京ディズニーシー15周年“ザ・イヤー・オブ・ウィッシュ”」が、15日に開幕しました。

この日は、東京ディズニーランド(TDL)の開園記念日(33周年)でもあり、運営するオリエンタルランドでは、オープニングセレモニーを予定していましたが、震度7に見舞われた熊本大地震に配慮して、中止となりました。

TDSに行くなら楽天トラベル

両パークは通常通り開園し、TDSの15周年プログラムも、予定通りスタートしました。
テーマはウィッシュ(希望、願い)で、メインイベントは、メディテレーニアンハーバーの新ショー「クリスタル・ウィッシュ・ジャーニー」です。
ミッキー&ミニーらが赤い船、ドナルド&デイジーらが青い船、グーフィー&マックスらが緑の船に乗って登場し、それぞれの港で、各色のクリスタルと遭遇します。
赤は愛情、青は友情、緑は元気を意味します。

公演時間は約25分で、キャラクターやダンサーら、出演者約120人の豪華なショーが、ウィッシュを届けます。
TDSの開園日は、2001年9月4日ですが、TDLやディズニーホテル、イクスピアリなども含めた浦安市舞浜地区が、東京ディズニーリゾート(TDR)になったため、TDLの開園日の4月15日が、象徴的な記念日となっています。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


東日本大震災の時にも、散々議論されたことですが、私は、個人的には、「過度な自粛などの規制は経済を停滞させ、最終的に復興の遅れにつながる」という考え方に共感します。

ディズニーと熊本の地震は、何の因果関係もありません。
地理的にも、相当離れています。
堂々とイベントをやって構わないのではないでしょうか。

ただ、今回は、あまりにもタイミングが悪すぎました。
地震発生から2、3日でも経過していれば、イベント開催を考える余地は、十分にあったと思いますが、さすがに昨日の今日では、来園者も、「お祭りだイエー!」という気分には、なれないかもしれません。
勿論、楽しみにしていたのに、残念、という気持ちもあるはずですが。

被害に遭われた方々が、少しでも早く、日常の生活を取り戻せることを願います。

楽天トラベルのTDR特集はこちら
21:22 | 社会ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
copyright © 2009 朝礼のネタ「アサネタ」〜ニュースな毎日 all rights reserved.