⇒育毛商品の楽天ランキングはこちら
 ⇒年会費永年無料の楽天カード


2016年06月05日

サミットで3日間だけ使用した建物が28億円。さらに3億円かけて解体

5月に開かれた伊勢志摩サミットで、各国報道陣の取材拠点となった国際メディアセンターの横に、約28億5000万円かけて建てられた「別館」が、10月までに解体されます。
解体費は、約3億円です。

伊勢周辺のホテルはこちら(楽天トラベル)

「アネックス」と呼ばれるこの別館には、日本食を提供するダイニングや、日本の技術、伝統文化の展示、三重県の魅力を発信する情報館などが設けられていました。
外には、日本庭園もありました。
外壁や内装には、三重県産の杉や国産の檜が使われ、海外メディアに日本をアピールしました。

5月25日朝から28日正午まで使われたこの施設には、33の国と地域から、約5000人の報道関係者が詰めかけました。
中でも、ダイニングでは、無料で食事が提供され、取材に訪れた記者が太るほどのおもてなしがあったといいます。

サミット取材に参加した報道関係者によると、サミット期間中は、会見の取材したり、記事を書いたりして、食事はしますが、展示をゆっくり見る暇はなく、見学スペースに立ち寄る人はそれほど多くありませんでした。

外務省の「伊勢志摩サミット・広島外相会合準備事務局」の担当者によると、アネックスは、もともと、一過性の建物として計画していました。
土地は県有地なので、更地に戻して返さなくてはいけません。
建設に使った部材は、99%再利用します。
そうやってコストを下げている仮設建築物なので、耐火性や耐久性も低く、恒常的に使うことはできません。
恒常施設として建てると、1.5〜2倍のコストがかかります。
そのランニングコストや、維持費用を議論する必要があります。

フロント部分には木材を使っていますが、ほとんどが鉄骨で、ぜいたくなものではありません。
工期も短く、三重県に同様の建物を建てるとすれば、抑えている方です。

日本の場合は、自然災害などが多く、それに耐えられる施設が必要です。
地震や台風があったときに、施設が壊れてはいけないので、プレハブやテントでは難しいです。
国際会議で、何千人というメディア関係者が来られたときに、安全に、快適に作業できるスペースということで考えた施設のスペックでした。

建設を担った国交省中部地方整備局の担当者も、できるだけ節約に努めたといいます。

豪華すぎるのではないかという質問には、「内外の報道関係者がいらっしゃいますので、和をテーマにしました。ただ、木材には目に触れやすい箇所に限定しており、下地や隠れる部分に関してはできるだけ安く仕上がるようにしています」と答えました。

ちなみに、過去に国内で開かれた北海道・洞爺湖サミット(2008年)や、九州・沖縄サミット(2000年)でも、既存の施設で足りない部分に関しては、「仮設」で対応をしました。
材料費の問題で、単純比較はできませんが、洞爺湖サミットのメディアセンターも、総工費は約30億円でした。

今回の出費は、28億5000万円+3億円=31億5000万円です。

熊本地震で被災した南阿蘇鉄道の復旧に必要な費用や、JR九州がつくった豪華列車「ななつ星」の製作費とほぼ同額です。
場所によっては、病院をひとつ建てることもできます。

ただ、担当者が説明するように、サミットには、海外に日本をPRするという重要なミッションもあるため、プレハブやテントで済ませるわけにはいきません。

ちなみに、サミットの総額予算は約600億円で、そのうち、警備関連費が約340億円を占めています。

別館では、サミット後、6月10日までは、地元の小学校の見学会が開かれるほか、6月4〜5日には、一般公開もされています(すでに募集は終了)。
スケジュールは未定ですが、10月をめどに、解体工事を完了させる見込みです。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


あの長い建物は、そういうことでしたか。
30億もかかっているとは、信じられません。
でも、さりげない部分まで手を抜けないので、膨大な費用がかかるのは、しかたがありません。
それでもやはり、もったいないとは思います。
オリンピックもそうですが、地域の活性化などを考えると、イベントの終了後も、ずっと使える設備を作ることが、セオリーなのではないでしょうか。

伊勢周辺のホテルはこちら(楽天トラベル)
03:02 | 社会ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
copyright © 2009 朝礼のネタ「アサネタ」〜ニュースな毎日 all rights reserved.