⇒育毛商品の楽天ランキングはこちら
 ⇒年会費永年無料の楽天カード


2016年07月08日

ココイチが英とインド出店へ

カレー店チェーン「CoCo壱番屋」を運営する壱番屋(愛知県一宮市)は6日、新たに英国とインドに出店する方針を明らかにしました。
カレーはインド周辺が発祥とされ、英国で欧風の料理に発展しました。
カレー食文化の「本場」に、日本流のカレーライスで挑戦します。

CoCo壱番屋 ビーフカレー

CoCo壱番屋、通称「ココイチ」は、海外でも、東・東南アジアを中心に、約160店を展開しており、英国とインドへの進出で、新たな市場の開拓をねらいます。
時期は未定ですが、来年にも、英国に出店し、その後、「母国」インドでも準備を進めるといいます。
浜島俊哉社長は記者会見で、「受け入れられるかは、心配していない。できるだけ早く出店したい」と述べました。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


「カレーとラーメンは、もはや日本食」と評されるほどに、市民権を得て、独自進化をとげた"日本の"カレーを、カレーの本場・インドに逆輸入するとは、思い切った展開です。

そもそも、日本のカレーは、イギリス海軍のシチューのルーをカレー味にしたものが元なので、インド人が、これを「カレー」と認めてくれるのかというと、かなりあやしいですが、メニューとして、おいしい食べ物であることは間違いないと思うので、自信を持って出していいのではないでしょうか。

また、「そういう」いわれのあるメニューなので、イギリスという土地柄も、日本のカレーにとっては、ふるさとというか、特別な場所です。

確かに、「受け入れられるか」というよりも、どんな反応をされるのか、大変興味深いです。

COCO壱番屋ピラフ・炒飯セット(とろ〜りチーズのカレーピラフ200g×4袋、ふんわりたまごの福神漬入りカレー炒飯200g×4袋)
07:01 | 社会ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
copyright © 2009 朝礼のネタ「アサネタ」〜ニュースな毎日 all rights reserved.