⇒育毛商品の楽天ランキングはこちら
 ⇒年会費永年無料の楽天カード


2016年07月14日

生前退位を宮内庁幹部が否定

天皇陛下が、天皇の地位を、生前に皇太子さまに譲る意向を、宮内庁関係者に伝えられたとの報道を受け、宮内庁の山本信一郎次長は13日夜、報道各社の取材に応じ、「そうした事実は一切ない。陛下は憲法上のお立場から、皇室典範や皇室の制度に関する発言は差し控えてこられた」と否定しました。

皇室Our Imperial Family(第70号(平成28年 春))

午後8時半ごろ、庁内で各社の取材に応じた山本次長は、「陛下が生前退位の意向を宮内庁関係者に示されたという報道があったが、そうした事実は一切ない」と、繰り返し強調しました。
「長官や侍従長を含め、宮内庁全体でそのようなお話はこれまでなかった」と話しました。

記者からは、皇室典範改正の可能性についても質問がありましたが、「皇室典範や制度にわたる問題については内閣や国会で対応するものだ」と、コメントを避けました。
静養のため、葉山御用邸(神奈川県葉山町)に滞在中の陛下の体調については「お変わりなくお過ごしだ」と説明しました。

深夜に取材に応じた宮内庁の風岡典之長官も、同様に報道内容を否定しました。
「(皇室の)制度については国会の判断にゆだねられている。陛下がどうすべきだとおっしゃったことは一度もなく、あり得ない話だ」と述べました。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


憶測で言いますが、火のないところに煙は立たないといいますし、生前退位の話は、やはりあったのだと思います。
ただ、皇室典範を改定しなければならないなどの問題があることは事実です。
物事には、順番があります。
宮内庁としては、準備万端整えた上で発表し、諸々の手続き等、滞りなく、つつがなく進めたいはずです。
マスコミに色々と憶測で書きたてられて、芸能人のスキャンダルのように扱われたくはないでしょう。
なので、火消しに躍起になっているのではないかという気がします。

生前退位自体は、悪いことではありませんし、天皇陛下の年齢を考えると、陛下からそういった話があったか否かに関わらず、一度、考えてみるべき議題ではあると思います。

老舗和菓子屋の御進物7種21個セット
タグ:生前退位
09:48 | 社会ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
copyright © 2009 朝礼のネタ「アサネタ」〜ニュースな毎日 all rights reserved.