⇒育毛商品の楽天ランキングはこちら
 ⇒年会費永年無料の楽天カード


2016年08月12日

北海道は分県を

北海道を複数の県に分ける「分県」を巡り、自民党道議の研究会がまとめた報告書案が判明しました。
広大な北海道に知事が1人だけでは、政治力で他の地域に見劣りし、市町村へのきめ細やかな対応ができないと、問題視しています。
《1》「道央・道南」「道北」「道東」の三つに分県
《2》「道央・道南・道北」「道東」の二つの道か県に分割
のどちらかが望ましいと結論づけました。

北海道へ行くなら楽天トラベルで

都道府県の枠組みや道内の自治の仕組みを根本から変える提案で、物議を醸す可能性があります。
しかし、報告書案では、手続きの難しさにも触れ、「分県の視点からの議論が求められる」と明記しており、必ずしも実現にはこだわらず、提案を、行政の在り方を考え直す呼び水にしたい考えです。

研究会は、昨年12月に発足し、道議会会派の自民党・道民会議(51人)の36人で構成しています。
報告書は、今秋にも正式にまとめ、道や道町村会などへの提出を検討します。

報告書案は「人口減少対策で個々の市町村が成果を求められている」と強調しています。
また、市町村数が179に上るため「道知事は個別の案件で国への要請を行えない」と訴えました。
複数の知事の連携で、国から大型事業の予算を引っ張ってきた九州、四国の例にも言及しました。

分県の枠組みに関しては、道南、道央、道北、道東の4県案と、道東をさらに三つに分ける6県案を軸に検討した結果、道南は、人口や域内総生産が全47都道府県を下回るとし、「自立するのは難しい」と指摘しています。
北海道を2か3に分ける案を挙げ、道東は、大規模農業を中心とする産業構造がほかの地域と異なるとし、単独にしました。
それぞれの「県都」は示しませんでした。

手続きについては、地方自治法を踏まえ、都道府県の分割や新設には、新たな法整備や、住民投票が必要としました。

研究会会長の喜多龍一氏(十勝管内)は「分県で市町村への目配りができるようになる。分県に至らなくても、その視点を生かして道職員の採用に地域枠をつくるなど知恵を絞れば道政の活性化につながる」と話しました。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆


確かに、北海道は、1つにまとめておくには広すぎます。

でも、分県するのはいいとして、札幌と函館のある地域はいいですが、それ以外の地域はどうするんだという問題があります。

分け方の問題というわけでもありません。
どう分けても、結局、札幌・函館とそれ以外になってしまいます。

北海道へ行くなら楽天トラベルで
タグ:北海道
03:57 | 社会ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
copyright © 2009 朝礼のネタ「アサネタ」〜ニュースな毎日 all rights reserved.